口蹄疫問題の深刻さを「牛の性別」視点で考える

投稿日 | 7月 28, 2010 | コメントは受け付けていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

口蹄疫問題で家畜の移動、搬出が厳しく制限されていた宮崎県でしたが、27日午前0時、全面的に非常事態宣言が解除されました。殺処分された牛と豚の数は約29万頭、損失額は1000億円にのぼります。

国内の畜産業に非常に大きな爪痕を残したままで、です。

最後まで意見が分かれたのは、「松坂牛」や「信州和牛」などのブランドも生んだ種牛6頭の殺処分でした。

種牛とは、普通の牡牛とはどう違い、また、その違いをどうやって調べるかはご存知でしょうか?

まず、血統が良い牡牛を種牛候補として育てます。そしてその牡牛の精液をたくさんの牝牛に種付けし、その牝牛から生まれた子供の肉質の柔らかさや、乳がたくさん搾れるかどうかを確かめ、優秀と認められた牡牛だけが「種牛」となります。

血統の良い牛の中でも、選びぬかれた牡牛だけが種牛となるのです。

「牛の数が減ってしまったんだから、手っ取り早く牛同士を交配させて数を増やすべきでは?」と思われるかもしれませんが、食用として一定の質、量を出荷し続けるためには、単なる牡牛ではなく、やはり種牛として認められた牡牛の種であることは必要不可欠でしょう。

ちなみに、種牛以外の牛については、食用として誕生直後に去勢されます。これには、

生殖機能を残したままの牡牛は、牝牛より結合組織が増え、肉質が固くなる(食品としての理由)
性質が温和になり暴れにくく、餌の量も少なくてすむ(飼育上の理由)

が関係しています。種牛以外の牡牛に、生殖機能を残しておくことはデメリットしかないようです。

2ちゃんねるの「女が男に勝っている点を挙げるスレ」では、「法律を盾にしやすい」「化粧でごまかしが効く」「年をとってもハゲにくい」「出産の痛みに耐えられる肉体のタフさ」などがあげられていますが、畜産の世界においての優位性は

種付けを許されたオス > メス、去勢したオス > 去勢してない、種付けを許されないオス

と言えるでしょう。

さて、多くの農家は今後、種牛を育てる所から再スタートとなります。産業としての完全な復興には、五年~十年は掛かるのではないかと言われています。
現在、精液や乳牛の価格の高騰が始まっているようです。本来の優位性など関係なく、オスもメスもどちらも強く渇望されている状況から、いかに多くのものが失われたかが伝わってきます。

(荒井)

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

(参考リンク)
口蹄疫が事実上終息 地域復興、道険しく
去勢の効果
VIPPERな俺 : 女が男に勝っているところ

荒井 彩(あらい・さやか)
東京近郊在住のフリーライター。少女向けアニメと特撮、それにまつわるオモチャを愛好する。
ブログ「あるみかん」

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力