「成果主義」の限界、「能力主義」による混乱

投稿日 | 8月 1, 2010 | 2 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

「コミュニケーション能力」「対人能力」といった、今の世の中では頻繁に使われるが、定義が余りはっきりしない言葉がある。その最たるものは「人間力」だとも言えるだろう。

「学校教育で育てるべき」「就職やその後の昇進は、それらの能力によって左右される」」といった認識も広まっているが、そもそもそういった能力って本当に必要なのだろうか?

◆   評価が難しい「コミュ力」「人間力」

1990年代以降、企業でのいわゆる「日本的経営」の問題点が指摘されることが多くなり、グローバルスタンダードな「成果主義」を導入する企業が増え始めた。また、はじめから成果主義が徹底している外資系企業も就職先・転職先として人気を得始めた。

勿論その中には成功している企業もあるが、逆に失敗し、日本的経営に逆戻りする企業も増えている。最大の問題点は、仕事の成果やコミュニケーション能力は完全には数値化できず、結局評価を下すのは人間である上司、ということだ。

◆  人をメリットで判断する社会は幸福か?

教育や労働問題を専門とする、社会学者の本田由紀さんは、著書『教育の社会的意義』の中で、日本の教育システムで得られる能力と、実際の社会で求められる能力とのギャップについて詳細に分析している。

また本田さんが他の著作で指摘している最近の日本社会の風潮に、「メリトクラシー」(能力主義)というものがある。その人の能力や業績によって、職業や収入などの社会的地位が決定される、という考え方だ。

一見当然のことのように思えるが、戦後の日本では終身雇用・年功序列のシステムが非常に上手く機能してきたため、「能力主義」社会に移行する際には、様々な混乱や不都合が起こる。その代表が、「教育される内容」と、「仕事に必要な能力」が直結しない現象だ。

(小山内)

(参考リンク)
コミュ力が無いとダメみたいな風潮、マジファックだよね | ライフハックちゃんねる弐式

小山内 聡(おさない そう)
漫画とアニメとゲームが好きで軍事オタクの文系大学生。趣味はノンフィクションを読むこと。はてなダイアリー『日の丸海賊団』で書評を書いています。
http://d.hatena.ne.jp/kurohige-ossadot/

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

2 Responses to “「成果主義」の限界、「能力主義」による混乱”

  1. 部活・サークル、入らないと非モテどころか非コミュに? | 非モテタイムズ
    10月 5th, 2010 @ 11:30 AM

    [...] 「成果主義」の限界、「能力主義」による混乱 [...]

  2. 「大学ぼっち」だけは回避せよ! 低コミュ力者のための大学スタートマニュアル――「オタク学!」 | 非モテタイムズ
    2月 28th, 2011 @ 11:11 AM

    [...] 「成果主義」の限界、「能力主義」による混乱 [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力