ツイッターの話題は出しすぎないほうがいい

投稿日 | 8月 4, 2010 | コメントは受け付けていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

「この前Twitterで言ってたアレどうなったの〜?」なんて会話は今や当たり前だとは思いますが、Twitterをきっかけに上司に対し嫌悪感を抱くようになってしまった例がブログ(参考記事参照)で告白されています。

顔見知りの人Twitterでコミュニケーションをとるのは楽しいですが少し注意が必要かもしれません。

問題の上司はTwitterがメディアに大きく取り上げられるようになってから使い始めハマってしまい、職場でTwitterの話題が出すようになったとか。

ちなみにブロガーさんをはじめ、職場の若手陣はシステム開発という仕事柄もあってかかなり早い段階からTwitterを活用し、若手同士の絆を深める役目も果たしてそうだが、職場にその話題を持ち込むことはなかったそうです。

そして、飲み会のときに事件が起きます。その時も相変わらずTwitterの話をし始めた上司がブロガーさんの昔のツイートに言及。ちなみにその頃のツイートは上司がTwitterを始める一か月以上前の時期にあたるという。

そんな上司に嫌気がさしてきたころさらに大きな事件が起きます。ブロガーさんがプライベートのことで深く悩んでいたこともあって投稿していたネガティブなツイートを自分のことを書かれたと勘違いし、ブロガーさんを呼び出し、ツイートをプリントしたものを差し出して問いつめたのです。

ここまでされたら上司に嫌悪感を抱くのは当然でしょう。さすがにここまでやる人は稀だとは思いますが、ネット上とリアルの区別は大事かもしれません。

今回紹介した例で言えば、上司が職場でTwitterの話を持ち出すのは仕事中にプライベートの話をしているようなものです。オフィスワーカーにとって仕事中は私語厳禁なのは当たり前。また職場の若手陣はTwitterで交流を深めながらも職場ではその話題を出さなかったというスタンスは分別がある証拠でしょう。

最近では顔見知り同士でリアルにおいてツイートの話題を出す人や、「どうしてフォローしないの?」と聞いてくる人も多いと思います。

しかし、そもそもTwitterは「ゆるめのコミュニケーション」がウリの一つでもありました。フォローしている人が顔見知りの人だとしても毎回リアクションしなくてもいい、そしてリアクションは気まぐれだからこそ、気楽にツイートできて楽しめるツールとして支持されたわけです。Twitterが浸透した今、改めてTwitterの原点に戻り楽しんでみるのはいかがでしょうか。他人の過去のツイートをいちいち言及するなんて止めましょう。

(近藤)

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

(参考リンク)
はてな匿名ダイアリー:部下のtwitterを隈無くチェックしそれを過信しすぎる上司

近藤
競馬と愛犬のトイプードルに夢中な放送作家1年生。写真はアイドルホースのユキチャン。いつかこんなカワイイ馬のオーナーになる夢を抱きつつ日々奮闘中です。
http://twitter.com/minoru1202

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力