死にたくなるような美容院を避けるコツ

投稿日 | 8月 25, 2010 | 2 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

おしゃれな美容院や服屋が敷居が高いように感じられます。

それは、その外観やスタッフの見た目だけでなく、「従業員と話さなければいけない精神的な重圧感」が最大の原因であるように思えます。

ブログ記事「キモオタだけど生まれて初めて美容院行く」では、人生初の美容院の予約をした自称キモオタの男性の店に向かうまで、そして施術中の心理的な葛藤が紹介されています。「どこか行きましたか?」と尋ねられ、その場を取り繕うために海に行った、と嘘をついたら、担当のイケメン美容師のサーフィン話になって死にたくなった、とのことです。

何故あそこまで美容師は話しかけてくるのでしょう。

それは美容師の給与体系が、基本給プラス指名料(歩合)で構成されているためです。

椎間板ヘルニアが職業病とされるくらい、美容師は過酷な肉体労働ですが、貰える給与はサラリーマンより安い場合がほとんど。成功するか否かは、どれだけ固定客を掴んで、指名料を取るかにかかっています。
ホストクラブやキャバクラと同じ、と考えればあれだけ必死になるのも理解できます。

しかし、一回の美容院体験でトラウマになり、ファッションに対する興味を封印してしまうのはあまりに勿体無いです。数件回れば、美容師の話しかけ度合いにも差がある事が分かってきます。以下、筆者の体験談に基づいた、「あまり話しかけてこない美容院にたどり着くためのコツ」を紹介します。

■あまり話しかけてこない美容室にたどり着くためのコツ

まず、通りに美容院が複数軒を連ねているような激戦区は避けましょう。どの店も、少しでも固定客を掴むためにありとあらゆる手を尽くしています。

同じ理由で、新規オープンの店も避けたほうがいいです。

平日の午前一番など、人があまり居ない時間帯を選ぶのもおすすめです。隣の席で客と美容師が会話で盛り上がっているのに、こちらが沈黙していて気まずいという事態が起こりにくいです。

最後に、緊張するからといって、激安だけが売りの美容院や、20年前くらいから内装が変わっていないような美容院に逃げるのは地雷行為です。美容院で死にたくなるのは2~3時間ですが、刈られすぎたり時代遅れの髪型にされて、リア充に奇異の目で見られている被害妄想で死にたくなる状態は2~3ヶ月続きます。

(荒井)

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

(参考リンク)
キモオタだけど生まれて初めて美容院行く : 2chのむこうがわ…

荒井彩(あらい・さやか)
東京近郊在住のフリーライター。喫茶店めぐりと特撮鑑賞が趣味。
ブログ「あるみかん」http://arumikan111.blog109.fc2.com/

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

2 Responses to “死にたくなるような美容院を避けるコツ”

  1. 冬物ファッション困ったらユニクロ着とけ!その3つの理由 | 非モテタイムズ
    11月 22nd, 2010 @ 5:52 PM

    [...] 死にたくなるような美容院を避けるコツ [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力