「ひきこもり系」小説家は、今何を?

投稿日 | 9月 1, 2010 | 1 Comment

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

イギリスの辞書に日本語の

「hikikomori」(ひきこもり)

が追加されたという。

90年代からゼロ年代にかけて、日本では「ひきこもり」や「不登校」はまさに社会現象となり、連日ワイドショーや新聞、雑誌などでも現状が伝えられ、解決策が議論された。

だが、最近はそういった問題をあまりメディアなどで聞くことも少なくなった、と感じている読者はおられないだろうか。

◆ ゼロ年代前半 ふたりの「ひきこもり系作家」が出会う

2003年の文芸誌『ファウスト』の創刊号に、「…思春期は終わらない!?」という鼎談が収録されている。司会はひきこもり問題の第一人者として知られる、精神科医の斉藤環さん。

メインとなるのは地元・北海道でのフリーター生活を経てミステリ作家になった、佐藤友哉さんと、上京後ひきこもりになり、ひきこもりの成年を主人公にした小説『NHKにようこそ!』をヒットさせた滝本竜彦さんだ。

彼らは鼎談ではともに、自分の駄目人間具合や将来の展望の無さを自虐的に語り合っていたが、その後二人の作家が進んだ道は全く別のものだった。

◆   次回作を作れず悶々 片や純文学の世界で三島由紀夫賞受賞

滝本さんはその後、文芸誌などに短編を発表するも、単行本の形にすることが出来ず、コミカライズの原作や、メディアミックスの版権などで食いつなぐことになった、

一方、佐藤さんは、ミステリ新人賞出身でありながら、鬱屈した感情を抱く自分の作家としての資質を生かすため、自身のルーツでもある純文学に小説の方法論を求めるようになった。

そして純文学的要素の強い作品『1000の小説とバックベアード』では、史上最年少で三島由紀夫賞を受賞するという快挙を成し遂げる、

似たタイプだった「ひきこもり系作家」も、自分のスタイルを変化させることに成功するか否かで、明暗が分かれた形だ。

(小山内)

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

(関連リンク)
英辞書に新たに「引きこもり」 オックスフォードが収録 – 47NEWS(よんななニュース)

小山内 聡(おさない そう)
漫画とアニメとゲームが好きで軍事オタクの文系大学生。趣味はノンフィクションを読むこと。はてなダイアリー『日の丸海賊団』で書評を書いています。http://d.hatena.ne.jp/kurohige-ossadot/

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

One Response to “「ひきこもり系」小説家は、今何を?”

  1. テレビで引っ張りだこ・池上彰のロングセラー『そうだったのか!現代史』シリーズがやっぱりわかりやすい | 非モテタイムズ
    10月 19th, 2010 @ 12:18 PM

    [...] 「ひきこもり系」小説家は、今何を? [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力