ケータイメールでいちいち凹む理由

投稿日 | 9月 8, 2010 | 1 Comment

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

モテない目線の恋愛ニュースメディア「非モテタイムズ」が「エキニュー恋愛総研」に配信する特別コラムです。モテ目線では知りえない「細やかな」恋愛テクニックがわかるはず!?。

第1回目は「ケータイメールでいちいち凹む理由」です。

「話がしたいので、飲みに行きましょう」

知り合いの女性からツイッターを通じてこんなメッセージがきた。ダイレクトメールだと思わずに、リプライ(@+アカウントでの返信)をしてしまった。すぐに気がついて、DMに戻した。ツイッターでやりとりをするとこんな間違いが時々ある。

彼女がわざわざDMでメッセージを送ってきたのはそれなりの意味があった。付き合っている彼氏にやりとりをみられたくなかったからだ。彼女のアカウントを彼氏はフォローしている。どうやら焼きもち焼きらしいので、他の男性とやりとりをしているだけで機嫌を損ねるという。そのために、私とのやりとりも知られたくなかったのだ。

嫉妬心が強い恋人を持つと、ろくにツイッターもできないですね。これはツイッターに限ったことではなく、mixiなどのSNSでも、恋人がチェックしていて、異性とのやりとりを気にしないといけない、という話はたまに聞いたりする。

さて、知人女性の話に戻ろう。彼女はなぜ私を飲みに誘ったのか。それは、彼氏とのメールをしていて、冷たいと感じることが多くなったので、これを読み解いてほしいというのだ。

彼女が心配しているメールというのは、いつもは返信が早いのに、ここ数日、返信が遅いというのだ。理由を聞いてみると、彼氏が旅行に行っているのだ、という。だったら、それは仕方がないもの。しかも友人と行っているというので、メールをする時間が取れないのもうなずける。

心配はそれだけではない。内容がそっけない、という。この日は私と飲みに出かけているが、他の男性と2人で飲んでいるとは言えず、仕事絡みで飲んでいるので帰りが遅い、ということを伝えた。すると、すねてしまうようなメールが届いた。

「そんな、お前は嫌いだ」

やりとりの流れから考えれば、それは、じゃれているだけのようだ。しかし、彼女は「本当に嫌われちゃったのかな?」と泣きそうになっている。しかも、彼と旅行の約束をしているが、「旅行はキャンセルしようか?」とのメールも届いた。明らかに、彼は意地悪をしているようにみえるが、彼女は、もうセカイが終わってしまったかのように青ざめ、涙がこぼれた。

その後のメールも続くが、これは明らかに、メールの回数を多くすることでつながっていることを確認する「回数派」だと、私は判断し、次のように説明した。

「彼氏は回数派なんだよ。回数派の人の多くは、メールのやりとりをすることで、つながっていることが重視されるので、メールの内容には意味がない。意味がないメールを繰り返すことで、逆に、恋愛感情を確認したり、高めたりしているんだよ」

彼女はびっくり仰天し、

「え?そんなのあるの?私はメールの内容に意味を求めちゃう。意味がないの?それで、“嫌い”とか言ってるの?理解できない。そんなの耐えられない」

と困惑気味だった。でも、まだ私の言うことが半信半疑で、「明日、もうメールないのかな?」と心配していた。私は、「明日になれば、また普通にメールのやりとりが始まるよ。彼は、特に何も気にしていないと思う。むしろ、じゃれて楽しんでいるんだから」と話した。

翌日、彼女からツイッターを通じてDMが届いた。

「昨日はありがとうございます。彼から今日メールが届きました。昨日のやりとりはなかったかのように、普通にメールのやりとりがされています」

以前、「携帯電話での“パーソナル・スペース”」というコラムでも述べたが、携帯電話のメールのやりとりには、つながりを重視する「回数派」と、メールの中身を重視する「内容派」とがあることを説明した。このケースの場合、彼氏が「回数派」で、彼女が「内容派」だ。しかし、そのスタンスの違いを理解しさえすれば、極端に不安にならなくても済むのではないでしょうか。

(渋井哲也)

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

渋井哲也 しぶい・てつや

長野日報社退職後、フリーランスに。主な取材テーマは、インターネット・コミュニケーション(サービスそのものよりは、サービスによってどんなコミュニケーションが生まれるかに興味)ほか、若者の生きづらさ、自殺、自傷、恋愛、ネット犯罪、メディアなど。近著に「解決!学校クレーム そしてモンスターは消滅する」(河出書房新社)、「実録・闇サイト事件簿」(幻冬舎)ほか、「学校裏サイト 進化するネットいじめ」(晋遊舎)、「絶対弱者 孤立する若者たち」「若者たちはなぜ自殺するのか」(いずれも長崎出版)、「明日、自殺しませんか?」(幻冬舎)、「ウェブ恋愛」(筑摩書房)など。

サイト http://homepage3.nifty.com/sbtetuya/
ブログ http://ameblo.jp/hampen1017/

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力