『女の子のご機嫌を取るために下手に出るのは間違ったスタンス』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第15回

投稿日 | 11月 11, 2010 | 2 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

―「メイド喫茶元オーナー・ヒロN『脱・非モテ講座』」は、メイド喫茶元オーナー・ヒロN氏が、メイド服を脱いだ素顔の女の子と接して得たノウハウを非モテタイムズで教えるコラムです。―

さて、昨日の記事『女の子は、出会い、デート、手をつなぐ、抱き合う、キス、本番」全てが大事』のラストに出題した、

「SとM。女の子は、どっちが多い?」

ヒロNは、このコラムの他に、ブログなども毎日更新しています。そのプロフィール欄に「あなたはS? M?」という項目があります。これを、見ていると、女の子の答えは、圧倒的に「M」が多い。

「あたし、どMです。」「Mっこで~す」とか書いている子が多い。割合的にいうと、90%くらいが、自分はMと言っているなあ。もちろん、これは、自己申告だから、ウソな場合もある。Mっこだと思って会ってみたら、どSだったとかね。女の子はウソつきだから。でも、やっぱり、女の子は、Mが多いですな。とは言っても、皆が皆、SMプレイをしている訳ではないので、誤解はしないように。

では、なぜ、女の子にMが多いのか? それは、やはり、男と女のエッチの形態によるからでしょう。

まあ、エッチのやり方なんて、ヒトそれぞれだけれども、基本は、女の子のそれに、男子のナニをアレする訳だから、大体において、女の子は「受け身」で、男子は「仕掛ける」方になるのが自然です。女の子のほうが、上に乗っかって、「どうだい? 気持ちいいかい?」「あああ、気持ちいいです、女王様あ~」とかね。でも、やっぱちょっと無理がある。やっぱり、女の子の上に、男子が乗っかって、「だめえ、うっふん」「いいじゃないかあ」みたいなほうが自然な感じがする。

つまり、女の子が「される」。男子が「する」。という関係。SとMもそうですよね。つまり、Mが「される」。Sが「する」。Mは、Sに、いろいろ、エロエロしてもらわないとダメなわけで、つまり、それは、女の子のポジションに近い。だから、女の子にはMが多いんだと思います。

つまり、女の子は、「されたい」「仕掛けられたい」というのが本音。

だから、男子が女の子を支配すればいいのだ。男はいばって、女の子を従える。なんてね。

しかし、事はそう簡単ではありません。

Sは、一見、Mを支配しているようで、実は、Mに奉仕している。という見方もできる。

つまり、Sは、Mを喜ばすために、いろいろ準備して、いろいろしなければならない。

Mは、ただSが仕掛けてくることを受け入れればいい。

ここが、結構、ミソなんですな。男と女は。

女の子は、いろいろ仕掛けてもらいたい。基本「受け身」なんだけど、それはただの「受け身」ではない。男子に、仕掛けてもらえるように、いろいろ工夫をしなければならない。

つまり、女の子は、女の子独特のやりかたで、「待ち伏せ」をしている訳です。意識的にも無意識的にも。例えば、お化粧。お化粧なんて、皆、年頃になれば、当たり前のようにはじめますから、女の子は、そんなに意識してないかもしれませんが、これだって、男子をその気にさせる努力である、というのが、本来の意味です。ある人類学者の話では、人間の女のバストが大きくなったのは、直立歩行するようになった人類は、尻が目立たない。だから、自然、オスにアピールするために、バストが大きくなったのだそうです。「選んでほしい」「仕掛けてきてほしい」。これが基本的な女の子のスタンスです。

しかし、最近、このスタンスに、はまって来ない男子が多い。どちらかと言うと、「僕を選んでほしい」「僕を好きになってもらえたら最高です」というふうに考える男子が増えているように思うな。まあ、そういう感じの関係のほうが、しっくりくる女の子だっていない訳じゃないけれど、基本的には、それは少数派だと思う。「選んでもらいたい」側がいて、その待ち伏せに引っかかって、「仕掛ける」方がいて、はじめて関係が成り立つ筈なのに、両方が「選んでもらいたい」んじゃ、うまく行かない。「今の男はろくなのがいない!」「全然つまんない」。この前、可愛くて、おしゃれな女子大生のグループのガールズトークを聴く機会があったんですが、そんな話ばっかりでした。

つまり、男の子の方が「僕を選んでください」「僕に仕掛けてきてください」というスタンスで、女の子の方を「選んであげる」「仕掛けてあげる」という感じにならないので、女の子としては、面白くないのです。非モテの皆さん、女の子に対して、ご機嫌を取るために、下手に出ているつもりで、逆に、スタンスを間違えていませんか? 時には、「選ぶのは自分」「仕掛けるのは自分」と主体性を出すのも、とても大事なことなんですよ。

では、次の問題。今度は、ちょっと方向性を変えてみましょう。こんなのはどうですか?

「僕には、好きなヒトがいます。でも、告れません。告らなければ、ずっと友達でいられるのに、告ってふられたら、今までどおりに付き合えなくなるんじゃないか、と思うと、怖くて告れません。」

○か×か。

結構、こういうヒト、多いんじゃないですか? さて、あなたはどう考えますか?

(ヒロN)

■次号を読む→  『非モテはフラれるのが怖い。モテ男はフラれるのがうまい!』第16回

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

ヒロN
コラムニスト。コピーライター。プランナー。1958年生まれ。生物学的にはおっさんですが、精神年齢的には、中学生程度です。2005年から2008年までメイド喫茶を経営。その時の体験から、女の子の心理パターンがすごくよくわかるようになる。その経験を活かし、「女の子の取扱い説明書」なる本を書き、賛否両論いろいろな騒動に巻き込まれるが、結構楽しい日々を送っとりますな。現在も、全国の非モテ男女のために、と男女の恋愛テクニックの啓蒙のために、老骨に鞭打って活動中です。皆さん、暖かく見守ってくださいね。著書「メイド喫茶元オーナーが書いた女の子の取扱い説明書」「男のダイエット」「脱力系シニアライフのすすめ。」(いずれも無双舎刊)

・ヒロN氏のブログ 「ヒロN式!


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

2 Responses to “『女の子のご機嫌を取るために下手に出るのは間違ったスタンス』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第15回”

  1. 『非モテはフラれるのが怖い。モテ男はフラれるのがうまい!』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第16回 | 非モテタイムズ
    11月 12th, 2010 @ 7:17 AM

    [...] さて、昨日の記事『女の子のご機嫌を取るために下手に出るのは間違ったスタンス』のラストに出題した、 「僕には、好きなヒトがいます。でも、告れません。告らなければ、ずっと友 [...]

  2. 『女の子は、出会い、デート、手をつなぐ、抱き合う、キス、本番」全てが大事』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第14回 | 非モテタイムズ
    11月 23rd, 2010 @ 6:12 AM

    [...] ■次号を読む→ 『女の子のご機嫌を取るために下手に出るのは間違ったスタンス』第15回 [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力