『今までメールに付きあってくれてありがとう』は重すぎる――悲恋のヒーローがひと夏の恋を激白

投稿日 | 11月 23, 2010 | コメントは受け付けていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

ネット上での恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』。今回は「出会いに対する準備」についての内容です。

女性の中には非モテ男性との恋愛を避けたい、と考える人も少なくありません。

「彼女が出来たら絶対に大事にする!!浮気はしない!!」

「俺が幸せにしてみせる!!」

そう言って息巻く非モテ男性を何人も観たことがある筆者ですが、女性として個人的な感想を言わせていただくなら、「面倒くさそうな男だな」と思いました。

はてな匿名ダイアリー「引き籠もりが、初めて合コンと恋と、人生最大のザンゲをした話」(参考リンク参照)では、20代半ばから引き籠り気味になった告白者(男)が、初めて参加した合コンで出会った女性に恋をし、ひと夏の片思いで味わった切ない思いが綴られています。

告白者は合コンに参加して目がキレイな女の子と知り合い、メールのやり取りが始まりました。しかし、花火大会や食事に誘うもうまくいかず、初めての経験の戸惑いからマイナス思考になってしまっていました。

その後は合コンに参加したメンバーで花火大会に行ったり、花火をして遊んだのですが、彼女を意識してうまく話すこともできず、個人的に食事に行く約束を取り付けることもできず、避けられているように感じるようになりました。さらに、短かったメールのやり取りもなくなり、彼女から嫌われているかもと悩んで友人に相談もしましたが、結局は彼女を諦めることにしました。

「もう諦める決心はついていたが、月曜再び彼女にメールを送った。その内容は、
「今までメールに付きあってくれてありがとう」
という感謝の気持ちと謝罪を込めた内容だった。しかし、そのメールは届かなかった。メールアドレスが変更されたか、俺からのメールを拒否したようだった。この時点で、100%彼女に嫌われていることがわかり、また彼女への連絡方法も途絶えたので、俺の夏の恋は終わりを告げた。」

今まで出会いもなかった彼にとって、これははじめての運命的な恋だったのかも知れませんが、彼女から見ればあまりにも重たい話です。合コンでであって、メールのやり取りをしただけの女の子が、こんな悲恋の恋人役にされたのでは溜まりません。

まるで自分が悲恋小説の主人公になったように振る舞われては、面倒くさくて恋愛しようとも思いません。恋に縁がなかった男性ほどに燃え上がってそんな風に思い詰め、理想の恋を押し付けてがちです。

現実と小説は違います。大げさな悲恋表現は、女性をうんざりさせる非モテ男子絵の特徴だと認識し、控えめにしましょう。

(松田)

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

(参考リンク)
引き籠もりが、初めて合コンと恋と、人生最大のザンゲをした話

松田英雄
大阪芸術大学卒業後、フリーライターとしてインターネットを中心に作品が掲載される。グルメ、エステ、ファッションなどを中心に描いているが、独自の恋愛感、男性批判など、若い女性らしい過激な文章を得意とする。


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力