『つきあってるオッサンに「広末の目に似てるから好き!」と本気でいう女の子の心理とは?』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第29回

投稿日 | 11月 25, 2010 | 5 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

―「メイド喫茶元オーナー・ヒロN『脱・非モテ講座』」は、メイド喫茶元オーナー・ヒロN氏が、メイド服を脱いだ素顔の女の子と接して得たノウハウを非モテタイムズで教えるコラムです。―

さて、昨日の記事『ナゼ、男ばっかり女の気持ちを考えなくてはならないのか?』の続きです。まだの人は、お読みいただいてからどうぞ。

原理原則にこだわろうとすればするほど、女の子はわからなくなります。だから、そういう理論派な男子ほど、混乱し、

「女の子なんて面倒くさいから、つき合わなくていい」とか「女の子なんて、どうせ、イケメン好きだから関係ないや!」

とか、きわめて、単純な理屈だけを、勝手に正しいものときめつけて、自分で、いやになってしまうのです。

ここで、ちょっと理屈っぽい言い方をしましょう。

こういう男子に限らず、男子の多くは、こういうふうに考えます。

「彼女は○○な男が好きである。だから僕が○○であれば、好きになるはずだ」

と。

これはかなり勘違いなのです。

女の子は、まず、

「××君を好きになる。」

ある意味、それには、あんまり大した理由なんかない。もしくは、他人がわかるような理由がありません。試しに、当の女の子に、

「どうして××君を好きになったの?」

と訊いても、満足できる答えは、まず返ってきません。女の子自身もうまく説明できないことが多いのです。

■「目が広末に似てる」といって好きになってくれた彼女の話

ある時、僕の彼女に、なぜ僕のことが好きになったの? と訊いたことがありました。答えは、

「目が広末に似てるから」

冗談だろ! 僕は、目細でおっさんで、当時、メタボで、広末涼子になんて全然似ても似つかない。冗談にしてもひどい! と思っていたら、彼女は本気で何回もそう言うのです。全く訳がわからない。

女の子は「好き!」となると、理由なんか吹っ飛んでしまうのです。すね毛が濃いのはイヤ! などと言っていた奴が、ゴリラみたいな逞しい男子が好きになったとたん、毛むくじゃらで可愛い! とか言い出します。「僕は、土建業なんで、女の子にはモテません」なんて、しょんぼりしていた男子がいましたが、とんでもない。日に焼けて、ヘルメット被って、現場で荒々しく働くガテン系の男子を見るとじゅんときちゃう、なんて女の子はいっぱいいますよ。じゃあ、ガテン系なら何でもいいのか、というとそうでもない。女の子は「そのヒトを好きになる」のが先で、「好きになる」と、それまで、言っていた好きになる条件とか要素とかは、あっさり変わってしまいます。

だから、一生懸命、その条件を聞き出そうとする男子の努力は、無駄で、見当ちがいなことなのです。アルゴリズムが違うのです。

では、女の子が「好きになる」決め手とは何か?それは全くわからないのです。

■顔で選ぶケースはやはり多い。だが人気1位のイケメンだって振られるケースもある。

だから、自分が好きになられる。つまり、モテになる手法とは何か? についても、できれば、こうだよ、と答えてあげたいけれど、その答えはない。なんとなくわかるのは、女の子は、外見、もっと言えば、顔の好き嫌いで、結構選んでいるケースが多い。ということ。

でも、世に言うイケメンが皆好きかと言うと、まあ、多少その傾向はあるけれど、100人の女の子が100人とも、好きな顔なんてものは、存在しない。人気第1位のイケメンだって、得票は全体票のせいぜい10%くらいのもので残り90%の女の子は「別に」とか「嫌いです」とか答えるわけで、1位のイケメンだって、ふられる確率の方が大きい訳です。

■女の子が男性を気にいる条件は不明確。だからこそチャンスがある

でも考えてみると、女の子の、男子の選び方が、全く訳がわからない。ということは、とてもいいことなんじゃないか、と思われるわけです。なぜなら、例えば、女の子に気に入られる条件が明確に決まっていて、その原則がわかるとなれば、それに近づく努力をすれば、モテるようになる訳で、そうなると、その条件を達成できた男だけがやたらとモテて、その他の男は全然ダメということになる。まるで受験じゃないですか、それじゃあ。そうじゃないってことは、ある意味、平等だってことですよ。全然ダメ男でも可愛い彼女をゲットできる可能性が常にある訳で、こんなイイコトはない。

そして、もうひとつ、言いましょう。もちろん、ステキな男子になる努力をすることは、立派なことですが、女の子にふられたからと言って、僕のどこが悪かったんだろう、と反省することもないし、劣等感を持つこともない、ということです。それは、たまたまその子の好みに合わなかったってことだけなんだから。

■モテない一番の原因は、女の子に話しかけないこと

だから、ちょっとこの前の話に戻るけど、ふられるのを異常に怖がって、なんにも女の子に話しかけないとか、出会おうとしないとか、いうのが、一番、モテない原因なんです。女の子のご機嫌を伺って、おどおどするのもよくない。普通に楽しく振舞っていればいいのです。ね、女の子との付き合い方なんて、簡単でしょ? 面倒くさいことなんかないのです。面倒くさくないことを面倒くさく考えているのは、自分自身なのかもしれませんよ。

「僕は、彼女に、ひどいウソをつかれました。僕のことが好き!と言いながら、別につき合っていた男がいたのです! どうして、女の子はウソをつくのですか? 教えてください、ヒロNさん!」

好きな子には、つき合っている彼氏がいた! 結構あるケースです。結構傷つくし、悩むよね。さあどう考えて、どうするか? 一緒に考えてみましょう!

(ヒロN)

次号を読む→第30回『女の子はウソをつく生き物。嘘をつく二つの理由

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

ヒロN
コラムニスト。コピーライター。プランナー。1958年生まれ。生物学的にはおっさんですが、精神年齢的には、中学生程度です。2005年から2008年までメイド喫茶を経営。その時の体験から、女の子の心理パターンがすごくよくわかるようになる。その経験を活かし、「女の子の取扱い説明書」なる本を書き、賛否両論いろいろな騒動に巻き込まれるが、結構楽しい日々を送っとりますな。現在も、全国の非モテ男女のために、と男女の恋愛テクニックの啓蒙のために、老骨に鞭打って活動中です。皆さん、暖かく見守ってくださいね。著書「メイド喫茶元オーナーが書いた女の子の取扱い説明書」「男のダイエット」「脱力系シニアライフのすすめ。」(いずれも無双舎刊)

・ヒロN氏のブログ 「ヒロN式!


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

5 Responses to “『つきあってるオッサンに「広末の目に似てるから好き!」と本気でいう女の子の心理とは?』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第29回”

  1. 『女の子はウソをつく生き物。嘘をつく二つの理由』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第30回 | 非モテタイムズ
    11月 26th, 2010 @ 7:03 AM

    [...] さて、昨日の記事『つきあってるオッサンに「広末の目に似てるから好き!」と本気でいう女の子の心理とは?』のラストに出題した問題です。 「僕は、彼女に、ひどいウソをつかれま [...]

  2. 『ナゼ、男ばっかり女の気持ちを考えなくてはならないのか?』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第28回 | 非モテタイムズ
    11月 30th, 2010 @ 9:51 AM

    [...] 次号を読む→第29回『つきあってるオッサンに「広末の目に似てるから好き!」と本気でいう女の子の心理とは?』 [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力