『攻殻S.A.C. SSS』3D劇場化決定! アニメ3期を望む声も

投稿日 | 11月 28, 2010 | 7 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

『東のエデン』の原作・監督を務めるなど、社会派で映画的な演出を得意とするアニメ監督として知られているのは、元Production I.G所属(現在フリー)の神山健治さんだ。

その神山さんが監督したOVA『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』(以下『SSS』)が、来春3D映画として劇場公開される。

◆ジャパニメーションの最前線 国内・国外で高評価連発

『攻殻機動隊』のテレビアニメシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(以下『SAC』)は文化庁メディア芸術祭でアニメーション部門優秀賞を受賞した作品だ。

原作は漫画家・士郎正宗さんの漫画『攻殻機動隊』で、90年代に神山さんの直接の師匠であるアニメ監督・押井守さんの手により一度劇場アニメ化(『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』)され、ビデオが一時アメリカのビルボードで一位をマークするなど、社会的・国際的評価も高い。

◆難解な「サイバーパンクSF+ミステリ+刑事モノ+政治+戦争+哲学」 萌えとかはナシ

『SAC』はファーストシーズンではネット社会における劇場型犯罪を描き、セカンドシーズンでは難民問題が原因で発生した内戦を描く、非常に硬派な作品だ。

一話完結のエピソードでは基本的に、近未来SF世界での刑事モノだが、後に再編集版も発売された超編「笑い男事件編」と「個別の十一人事件編」では、それぞれサイバーテロと戦争という、現実に差し迫った題材をハードに描いている。

それに加えて女性首相を巡る政局や、国内・国外を問わないサイバーパンクな電子諜報戦、、自衛軍の海外派遣・武装難民といった取り扱いの難しい政治的テーマ、副題『STAND ALONE COMPLEX』に隠された意味など哲学的な話題も豊富に取り揃え、全体として緊張感溢れる重厚な作品に仕上がっている。

その人気から『SAC』のサードシーズンを作って欲しい、との声も頻繁に聴かれるが、『SSS』以降はコミカライズ版が連載開始したぐらいで特に『SAC』関連の動きはない。しかし今回の映画の興行成績具合では続編の制作もありえるのではないだろうか。

※画像は、「映画『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D』公式サイト(http://www.ph9.jp/)」からのスクリーンショットです。

(小山内)

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

小山内 聡(おさない そう)
漫画とアニメとゲームが好きで軍事オタクの文系大学生。趣味はノンフィクションを読むこと。はてなダイアリー『日の丸海賊団』で書評を書いています。
http://d.hatena.ne.jp/kurohige-ossadot/


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力