『モテたいならファッションは流行に乗って女の子と同化する作戦で』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第38回

投稿日 | 12月 4, 2010 | 3 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

―「メイド喫茶元オーナー・ヒロN『脱・非モテ講座』」は、メイド喫茶元オーナー・ヒロN氏が、メイド服を脱いだ素顔の女の子と接して得たノウハウを非モテタイムズで教えるコラムです。―

さて、昨日の記事『根拠のない「セックスは不道徳的」説にとらわれる傾向の非モテ達』のラストに出題した問題です。

「よくテレビで、アイドルタレントがおしゃれをして、女の子たちが、「カワイイ!」とか「きもい」とか言っているシーンが放送されています。ヒロNさんは、ファッションについてあまり教えてくれませんが、女の子にモテるファッションというのは、研究しなくていいものなのでしょうか? 逃げないで、教えてくださいね!」

という問題でした。

実は、僕は、ファッションの分野は苦手な分野です。でも逃げずに一緒に考えましょう。

今や、ファッション業界は花盛りです。僕は、女の子のファッションの聖地109の近くをいつもうろうろしているし、時々、中に入ったりします。僕は、デザイナーではありませんが、広告屋をやっていたので、きれいに見えるとか、かっこよく見えるとか、のデザインの法則、つまり、色使いとか、フォルムの原則とかを、ある程度は知っているつもりです。

そういうものから見ると、なんか、これちょっとデザインとして成立してないよなあ、というファッションもあるように思えます。敢えて言わせてもらえば、女の子のファッションは、概ねチョコザイなものが多い。

■チョコザイなものでも暗示をかけて定着すればそれがファッション

チャラチャラ無駄なドレープを入れたり、無駄な装飾をしたり、無駄な色を使ったり、その上にさらに、アクセサリーをジャラジャラつけすぎて、さらに、濃い化粧。うるさすぎるんだよ。と思っても、皆、アパレル業界とファッション誌、コスメ業界がよってたかって暗示をかけているから、こんなおっさんの発言なんかには全然耳を貸してはくれない。どんなひどいデザインでも「これこそがかわいいんです!」と世間的に定着させてしまえば、それが基準になる。人気ブランドになったりする。それがファッションというものです。

この「かわいい」という言葉は、女の子が最近手にした最終兵器ですね。どんなむさくるしいおっさんでも、巨大な女装のデブでも、すだれはげでも、百獣の王でも、「かわいい」のひと言で、なんだか、陳腐で、無力なものになってしまう。あやつら、山口組の総長にも、「かわいい」なんて言い出しかねないな。

へ? ファッションの話からそれたって?

はい、そうでした。つまり、私ヒロNから、あえて暴言すると、絶対的にかっこいいとかかわいいとかいうファッションは存在しない。ということなんですよ。僕も、嵐の「マネキン」番組なんか、たまに観ますけど、何を基準に、女性ゲストたちが、「センスがいい」とか「かっこ悪い」とか言っているのか、さっぱりわからない。女性ゲストによっても、「かっこいい」というヒトと「あり得ない」というヒトにわかれたりする。そして、もう一つ言うと、そういう、上から発言をしている当の本人のファッションがあり得なかったりする。

■ウンコもらしたようなサミュエルパンツのカッコ悪さは10年たてばみんな気づく

基本、ファッションには、(作り出された)流行というものがある。つまり、時代につれて移り変わるということです。ためしに、30年前に、ものすごくかっこいいと言われていたファッションを見てご覧なさい。かっこ悪いから。つまり、その時は、皆暗示にかかっているのですよ、「これこれこういう格好がかっこいい」のだ。と。

現代でも、それは言えることで、あの腰履きパンツ、サルエルパンツがかわいい、という暗示があるから、今、おしゃれなヒトがこぞって履いているけど、正直あれはカッコ悪いと思う。うんち洩らしたヒトみたいだもん。10年も経てば、絶対皆にそう言うはずです。なんであんなウンチ洩らしたような格好がよかったんだろうって。

■流行を追っても、体系や顔似あわないとノンスタイルの井上みたいになる

でも、今は、あれが「かわいい」ということになってるので、かわいいのだ。という論理で攻めまくられる。だから、この世の中で「かわいい」と言われるためには、流行に迎合して、ウンチ洩らしパンツでもなんでも履けばいいのです。さすれば、このヒトは「流行に敏感なヒト」という評価が得られ、「センスのいい」女の子たちと話が合うはずです。

つまりキーポイントは、前にも語りましたけれど、「女の子の同化特性」を生かした「同類化」戦術を取れと言うことです。つまり、流行に敏感で、流行に同化したい女の子たちに、自分は、同類なんだ、共感できるんだ、というアピールをするわけです。本当は、男子と女の子は、同類ではなく、異性なのだけれど、最近は、女の子の方の同類化志向性がやたらに強くなってしまっているので、まあ、つまり、羊の皮を被る狼ならぬ、女の子の皮を被る男子、といったところですか、そういう作戦で近づく。だから、今、オカマとか女装子が女の子にモテるんだよなあ。

しかし、反面、もう一つは、流行にあまり流されずに、本来の自分に似合う格好をする、という考え方もあります。ただ単に、流行のものを取り入れれば、かわいいかと言うとそうもいかない。体型や顔つきもある。その選択を間違っちゃうと、ノンスタイルの井上みたいになっちゃう。これは一番はまりたくないケースです。

ファッションとは、ある意味、自分のライフスタイルのアピール。つまり「自分はこう生きてます。」あるいは、「こう生きたいです。」という決意表明だから、「流行に迎合しま~す」と言うか、「流行には迎合しません」というか、は、あなた次第です。というのが、わたくし、ヒロNの結論です。

やっぱり、逃げてしまったかなあ、僕は。

さて、次回は、

「この前、僕は、女の子に、どんな男子が好きなの? と聞いてしまいました。女の子は、しばらく悩んで「優しいヒト」と答えました。僕は、結構、女の子に、気を使っているつもりです、デートの時だって、お金も出しているし、でも、女の子の言う「優しさ」って一体なんなんだ? サブカル系恋愛指南役のヒロNよ、ご教授を願いたい!」

(ヒロN)

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

ヒロN
コラムニスト。コピーライター。プランナー。1958年生まれ。生物学的にはおっさんですが、精神年齢的には、中学生程度です。2005年から2008年までメイド喫茶を経営。その経験を活かし、「女の子の取扱い説明書」なる本を書きました。著書「メイド喫茶元オーナーが書いた女の子の取扱い説明書」「男のダイエット」「脱力系シニアライフのすすめ。」(いずれも無双舎刊)

・ヒロN氏のブログ 「ヒロN式!


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

3 Responses to “『モテたいならファッションは流行に乗って女の子と同化する作戦で』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第38回”

  1. 『共感しよう!女の子は男に共感してもらうのが一番うれしい』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第39回 | 非モテタイムズ
    12月 5th, 2010 @ 7:06 AM

    [...] さて、昨日の記事『モテたいならファッションは流行に乗って女の子と同化する作戦で』のラストに出題した問題です。 「この前、僕は、女の子に、どんな男子が好きなの?と聞いてし [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力