『話が合わない女の子とどうやって友達になるのか?1』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第45回

投稿日 | 12月 11, 2010 | 6 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

―「メイド喫茶元オーナー・ヒロN『脱・非モテ講座』」は、メイド喫茶元オーナー・ヒロN氏が、メイド服を脱いだ素顔の女の子と接して得たノウハウを非モテタイムズで教えるコラムです。―

さて、昨日の記事『「かわいい」の破壊力とは?機嫌がいいと連発される理由』のラストに出題した問題です。

「ヒロNさんは、この講座でよく、女の子と、まずは、友達になれとか、友達の輪の中に入れとか、言っていますが、話も合わない共通の話題もない女子と、どうやって友達になれって言うのですか? 女友達どころか、男友達だってほとんどいないのに。」

モテるモテないの前に、そもそもヒトとのコミュニケーションが苦手。友達がいない。というヒトって、結構いるもんなんですよね。

そもそも友達って一体なんなんでしょう?

■友達は、話が合う、他人。では、話が合うとは?

まず、言えるのは、友達って言うのは、他人です。親や兄弟っていうのは、当然友達ではない。では、他人が友達になる条件っていうのは、なんなのでしょう?

それは、ね、つまるところ、「話が合う」っていうことじゃないでしょうかねえ。基本、生まれた時には、縁もゆかりもない他人同士が、何かの機会で接触し、話が合い、友達になる。そんなの当たり前ジャン、と思うかもしれませんが、ここのところを、もうちょっと掘り下げて考えてみることにしましょう。

「話が合う」には、ある程度、共通な体験や感覚が必要になる。同じようなものに興味があったり、同じような体験をしたり、同じようなことが嫌いだったり。だから、同類の人間の方が友達になりやすい傾向がある。同じ性別、同じ位の歳周り、同じ趣味、非モテ同士なんていうのも共通点ですよね。同じような境遇、感覚だから共感が生まれ、友達になれる。

例えば、学校でクラスが同じだったりすれば、同じ授業を受け、同じ行事に参加し、共通の体験がいっぱいあるから、本当は、友達になりやすい訳です。でも別に、それはたまたま偶然クラスが一緒になっただけに過ぎないから、別に友達にならなきゃならない理由なんかないし、それよりネットかなんかで、同じ趣味を持つ奴を探して掲示板でやり取りした方が楽しいや。とかいう考えのヒトもいるでしょう。そうやって、共通項の多いヒトとばかりつき合うようになる。

社会人になってもそうです。同じ職場の同僚や上司は、たまたま一緒になったというだけで、別に、他に共通項がないから付き合わない。付き合うにしても、うわべだけで、けっして、それ以上は、踏み込まない。奴らがプライベートで何してるか知らないし、知りたくもない。自分のプライベートも知られたくない。そんなふうに、毎日を過ごしているヒトも沢山いるのではないでしょうか?

実際に会ったこともないヒトでも、例えば、エヴァが好き! という共通項で盛り上がれる! ネットなどで楽しくコミュニケーションできる。これだって、たしかに友達でしょう。ヒロNが若い頃には考えられなかった友達のカタチです。それをどうこう言うつもりはありません。むしろ、そういうことが、これから、どんな社会、どんな文化を作っていくのか、楽しみでもあります。

今の「友達」観の変質を考える時、思い浮かぶのは、例えばカラオケです。

■カラオケの歴史は、友達の歴史?

僕も昔からカラオケが好きでよく歌いに行くのですが、最近は、カラオケと言えば、当然カラオケボックスのことで、つまり、仲間内だけで、個室に入り、好きな歌だけを歌っている。今の友達のイメージっていうのは、このカラオケボックスに似ています。

昔、ヒロNが青年だった頃はそうじゃなかった。カラオケは、カラオケスナックという店に行って、見ず知らずのお客さんと順番で歌うものでした。当然、仲間じゃないヒトの、趣味じゃない歌も聴かされるし、自分の歌も見ず知らずのヒトに聴かせることになる。そこで「うまいぞ!にいちゃん!」とかね。交流があったりする。反面、どんどんは歌えないし、他人の前で歌うと言うのは、結構緊張したりするものなのですよ。当然ストレスは、スナックの方が強い。

つまり、ボックスのように同室(同質)の仲間内だけで固まっていれば、ストレスも少ないから、つい、同質のヒトとばかり付き合うようになってしまう。カラオケスナックみたいに、たまたま、そこに居合わせたヒトとは、同質とは限らないから遠ざけてしまう。同級生や職場の人間のように。でも、この同質性にあまりにもこだわっちゃうと、趣味が同じ人間でも、所詮、他人な訳だから、異質な部分が見えてきちゃって、うまく付き合えなくなり、結局、友達を減らす、なくすことになっていく。

友達同士だけで行っていたカラオケボックスだけど、友達が歌っている時間さえもだんだんうっとうしくなっちゃって、とうとう一人カラオケになってしまうようなもんですな。つまり、居心地のいい、同質性を求めれば求めるほど友達は減っていく、ということ。

あれ、1回分じゃ終わらなくなってしまった。

次回も続きます。

(ヒロN)

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

ヒロN
コラムニスト。コピーライター。プランナー。1958年生まれ。生物学的にはおっさんですが、精神年齢的には、中学生程度です。2005年から2008年までメイド喫茶を経営。その経験を活かし、「女の子の取扱い説明書」なる本を書きました。著書「メイド喫茶元オーナーが書いた女の子の取扱い説明書」「男のダイエット」「脱力系シニアライフのすすめ。」(いずれも無双舎刊)

・ヒロN氏のブログ 「ヒロN式!


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

6 Responses to “『話が合わない女の子とどうやって友達になるのか?1』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第45回”

  1. 『友達が少ない人の特徴3つと改善策3つ』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第46回 | 非モテタイムズ
    12月 12th, 2010 @ 7:38 AM

    [...] さて、今回は、昨日の記事『話が合わない女の子とどうやって友達になるのか?1』の続きです。 [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力