『ツイッターで恋した自称B’z好き男、カラオケ履歴をググったらアニソン好きと判明』――出会いを期待した23歳女性が悲しみを激白!

投稿日 | 1月 3, 2011 | 3 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

※画像はイメージです。

―ネット上にある、匿名での、赤裸々な恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』

ネット上の匿名の告白は、後ろめたい話や自慢話など、多くの場合、実社会では話しづらい内容です。時には読む人の心を代弁し、時には反面教師となることでしょう。―

今回の告白者は、「ツイッターで知り合って男性との恋愛」について打ち明けています。

告白者は、ツイッターで知り合った男性に恋をして、Googleで身辺調査に及びました。その結果、伝えられていたことと違う事実が明るみになったそうです。

告白が行われたのは、はてな匿名ダイアリー「ネットで好きなひとのカラオケ履歴をみつけてしまった」(参考リンク参照)。告白の概要、告白者のプロフィールを踏まえて、具体的な告白内容を御紹介いたします。

■告白の概要

ツイッター上で仲良くなった男性のHNをGoogleで検索(エゴサーチ)したら、ツイッターで知っている彼とは違う情報(カラオケ履歴)が出てきた。告白者は、ウソをつかれたと感じ、その男性と距離を置くことに決めた。

■告白者のプロフィール

性別 女性
年齢 23歳
職業 不明
備考 ツイッターユーザー 趣味はカラオケ(B’z、嵐、コブクロ)

■相手男性のプロフィール

性別 男性
年齢 ツイッターでは23歳と言っていたが、検索したら36歳という結果が
職業 不明
備考 ツイッターユーザー 趣味はカラオケ(ツイッターでは「B’z、嵐、コブクロ」と言っていたが、検索したら「アニソン」ばかり歌っていたカラオケ履歴を発見)

■告白の具体的な内容

告白者はツイッターで、相手男性と知り合い親密になったようだ。その様子を以下のように述べている。

「twitterで知り合って@とばして会話してると楽しくて、どんどん好きになってしまったひとがいた。」

「彼との会話がなんだか生きる糧みたいなものになってしまってた。」

相手男性はカラオケが趣味だった模様。

「男の友人ふたりって言ってた。なに歌った?と聴くと、B7s=B’zとか嵐とかコブクロって。そう、彼は私の好みの曲ばかり並べてくれた。」

告白者のカラオケの趣味と一致していたように思えた。ここまでは…。

その後、告白者は、相手男性のハンドルネームをGoogleで検索してみたようで、

「あるとき、なにげなくgoogleの検索の窓に彼のハンドルネームをいれてみた。特徴のあるハンドルネームだから、たぶん、彼。」

と相手男性のハンドルネームを発見。彼の個人情報を調べた模様。その結果を以下のように綴っている。

「ネットでの彼の行動、いろいろみつけてしまった。
そして、あるカラオケ店の情報が出てきた。
同じハンドルネーム、彼の住む場所、そこまでいっしょ。
ただ、違っていたのはうたってた曲、いっしょに出てきたフレンド、そして彼の年齢
年齢、36
曲、アニソンのみ
フレンド、小6女の子ひとり
私(23)と同い年って言ってたのに、えっ!?
小6女の子、娘?
女の子はいまどきのアニソンばかりうたってる。
彼は、ひとつ上の世代のアニソン。」

ツイッター上での会話の内容とは違うカラオケ履歴にショックを受けたようで次のように述べている。

「私だって、こんなことして、キモイのは承知してる。でも、ネットで言うことなんかウソばかりだったね。」

結局この女性は「距離を置くことにする」と結論づけたようだ。

◆有名人じゃなくともエゴサーチの習慣を

「エゴサーチ」とは、自分の名前やハンドルネームをネット検索する行為のことだ。作家が自分の本の感想を探すときによく使う言葉で、経済評論家の勝間和代さんもエゴサーチの重要性を説き、自身もブログやmixiなどで自著のレビューを定期的に探しているという。

エゴサーチは勝間さんのような有名人でなくとも、有効な場合が多々ある。ブログ、mixi、ツイッターなど、今や誰もがネットに自分の痕跡を残す時代だ。プライベートなハンドルネームでなくとも、学校や会社関係で実名が載っている場合さえあるのだ。

◆前向きに捉えると「パーソナル・ブランディング」の時代?

「エゴサーチ」では自分の過去の失態や、耳に痛い意見を目にすることがよくある。だからあえて自分の名前で検索はしない、という主義の人もいる。

エゴサーチの手法に逆転の発想を加えたのが「パーソナル・ブランディング」だ。ネット上で文章を書いたり、作品を発表したり、経歴を載せることで多 くの人に注目を浴びてもらい、「ああ、この人ってこういう人なのか」と不特定多数に認識してもらう行為のことを指す。この場合にも、それらの宣伝がどんな 反応を生んでいるのかエゴサーチする必要がある。

あらゆる場所にネット環境が整備された分、いくらでも自分を演出できる時代だが、それが裏目に出てしまったのが今回のエントリ主に検索された相手ではないだろうか。

(小山内)

匿名の告白が気になったら非モテタイムズのツイッターをフォローしよう!

(関連リンク)
ネットで好きなひとのカラオケ履歴をみつけてしまった

小山内 聡(おさない そう)
漫画とアニメとゲームが好きで軍事オタクの文系大学生。趣味はノンフィクションを読むこと。はてなダイアリー『日の丸海賊団』で書評を書いています。
http://d.hatena.ne.jp/kurohige-ossadot/


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

3 Responses to “『ツイッターで恋した自称B’z好き男、カラオケ履歴をググったらアニソン好きと判明』――出会いを期待した23歳女性が悲しみを激白!”

  1. 『妹のピンチは命がけで守る。けど恋愛は…。人並みの感情を持つ希望は諦めるべき?』――恋愛感情を持てない男性が激白! | 非モテタイムズ
    2月 2nd, 2011 @ 8:10 AM

    [...] 『ツイッターで恋した自称B’z好き男、カラオケ履歴をググったらアニソン好きと判明』――出会いを期待した23歳女性が悲しみを激白! [...]

  2. 遅く起きた日の朝は…所要時間3秒『干物は黙ってお茶漬け弁当』–『干物女のべんとうばこ』vol.7 | 非モテタイムズ
    2月 16th, 2011 @ 4:57 PM

    [...] 『ツイッターで恋した自称B’z好き男、カラオケ履歴をググったらアニソン好きと判明』――出会いを期待した23歳女性が悲しみを激白! [...]

  3. 女子中学生コーヒー腸内洗浄事件に学ぶコミュ術 | 非モテタイムズ
    2月 20th, 2011 @ 5:05 PM

    [...] 『ツイッターで恋した自称B’z好き男、カラオケ履歴をググったらアニソン好きと判明』――出会いを期待した23歳女性が悲しみを激白! [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力