「子宮で感じて!子宮で考えて!子宮で好きになって…!」――子宮にこだわりすぎる男のセックスはドン引き

投稿日 | 1月 9, 2011 | 6 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

―ネット上にある、匿名での、赤裸々な恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』

匿名の告白の中には、時に「そこまで言うか!?」と驚いてしまうような大胆な意見も見受けられます。今回ご紹介するのは「セックス」に関する話題です。―

今回の告白者は自称・現役の風俗嬢。「セックスにおける女性の価値」について自身の考えをかなり赤裸々につづっています。

かなり具体的です。

告白が行われたのは、はてな匿名ダイアリー「女の価値はいかに高値で男をいかせられるか 」(参考リンク参照)。具体的にはどんな告白が行われているのか、ご紹介します。

■告白の概要

女は、高い値段を支払わせて男を射精できるか、に価値がある

■告白者のプロフィール

性別 女性
職業 風俗嬢

■告白の具体的な内容

告白者は、次のように告白しています。

「現役の風俗嬢ですが、たまに攻めるのが好きだから自分は何もしてもらわなくてもいいという奇特なお客様もいらっしゃいます。
その方いわく、手やお口で刺激されなくても女の子の裸を見て触っていたら自然とたつし、挿入して動けばいくそうです。
そういったお客様に当たると、手持無沙汰でなんだか落ち着きません。」

風俗嬢を自称する告白者は、来店するお客の中に何のサービスも求めない人がいることへの驚きを隠せないといいます。おそらく仕事柄、男性にサービスをすることが多い立場にあるために、自身が受身でいる状態では落ち着かないのでしょう。

更に告白は続きます。

「(先述のようなお客に遭遇すると)普段、自分が「相手の男の人を立たせられないこと(原文ママ)」に恐怖して(中略)いることに気づきます。
時間内に、いかせられなかい(原文ママ)のはまだしも、立たせられない(原文ママ)となったら、私がそこにいる意味がありませんから。」

定められた時間内に満足してもらうことが前提の仕事です。告白者がこういった心境になるのは風俗勤務の経験のない筆者にもなんとなく想像がつきます。しかし、そのあとで展開される大胆な論を読んだ時は、思わず目を疑いました。

「(中略)男の人の体は女のそれよりずっとデリケートで、思いのほか精神的な要因に影響されることが多く、女は毎回、自分の体で立っていくことができるかどうかで、「この人にとって自分は女としての価値があるか否か」ごまかしのきかない確認をすることができます。

女の価値は、男をいかに高値で射精させられるか、この一点に尽きます。
自分の体で射精できないということは、その人は自分に子供を産ませたくないと本能的に思っているということです。
それはつまり、女(雌)としての本源的使命、存在価値を否定されているということです。」

要約すると、「セックスの最中に男性を射精させられない女性は女としての価値がない」ということになります。

■射精をセックスの到達点とすべきか

時間の制約が強い告白者の仕事柄、ビジネスの観点から射精をゴールと考えるのはある程度仕方のないことなのかもしれません。しかし問題は、告白者がこの発言を「女性」全般に対する見解として述べてしまっていることではないでしょうか。

たしかに、「生殖」という元来の目的だけでセックスを捉えるのであれば、射精をセックスの到達点、あるいは目的そのものに設定することは自然なことです。

しかし古来より、男女のセックスがそれだけで語れないことは言うまでもありません。そうでなければ今日びこれほど多様なプレイのスタイル…挙げればキリがありませんが、例えばSMプレイやコスプレ、道具を用いたプレイなど…が発達してきたでしょうか。

筆者自身の未熟な経験や、周囲から聞いた話などから総合しても、射精をセックスのゴールと考えていない男性は少なくありません。

中には女性を愉しませることに強い喜びを感じ、射精は二の次という考えの人もいるのです。極端な話、射精は自分1人でも出来るのですから、不思議ではないですよね。

そこから考えても、この告白者はあまりに狭い考え方に捉われていると言わざるを得ません。

■女性を喜ばせようとして、「子宮」にこだわる一例も

しかしその反面、女性をイかせることばかりに躍起になってしまったり、「こうすれば女性は喜ぶ」という先入観でお門違いなプレイをする人がいるのも事実。

友人に聞いた話ですが、ある男性と事に及んだ時、

「子宮で感じて! 子宮で考えて! 子宮で好きになって…!」

と耳元で連呼され続け、興奮するどころかどんどん気持ちが冷めていった経験があるそうです。今時「女は子宮で考える」なんて発想をもつこと自体驚きですが、「子宮で好きになって」という全くもって意味不明な言葉には思わず爆笑してしまいました。

もちろんセックスに「こうあるべき」という正解はありませんが、先入観や固定観念に捉われず、目の前の相手と共に気持ちよくなろう、と考えることが大切なのではないでしょうか。

みなさんはどう思いますか?

(セルラ伊藤)

匿名の告白が気になったら非モテタイムズをフォローしよう!

(参考リンク)
女の価値はいかに高値で男をいかせられるか

セルラ伊藤
‘86年生まれ。昼間は会社員、夜は六本木のスナックで居眠り接客中。バウムクーヘンを偏愛。
Twitter: http://twitter.com/cellulito


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

6 Responses to “「子宮で感じて!子宮で考えて!子宮で好きになって…!」――子宮にこだわりすぎる男のセックスはドン引き”

  1. あみば
    1月 9th, 2011 @ 4:51 PM

    女は子宮で考えるってのは昔のギャグだったのに
    それを本気にする典型オッサンって・・・
    典型オッサンは自分らの時代も把握できてないのに今の時代を批判するから困る

  2. ドラ美
    1月 10th, 2011 @ 11:15 AM

    はじめまして。私もいわゆる風俗嬢です。

    子宮で感じる。う~ん、難しい。でも居ます、そういうお客さん。一応お仕事なので、「あ、子宮にあたるぅ!!」なんて言っていますがなんのことやらって感じです。実際子宮つつかれたらかなり痛いって聞いたことあります。

    ちなみに私は完全に受身派なので、されるがままで時間が過ぎていく方がいいですね。

  3. meganeou
    1月 10th, 2011 @ 9:09 PM

    色んな業界の人が読んでくださっているようでとてもうれしいです。(編集長)

  4. 隣の叫び声に110番!警官4人、衝撃の一言「職務経験では…これはプレイだな…」 | 非モテタイムズ
    3月 3rd, 2011 @ 7:37 AM

    [...] 「子宮で感じて!子宮で考えて!子宮で好きになって…!」――子宮にこだわりすぎる男のセックスはドン引き [...]

  5. m_haitani
    3月 3rd, 2011 @ 10:47 AM

    エロマンガでよくあるシチュエーションだ!「子宮にあたってるよお!」とか「子宮が喜んでる~」とか断面図で子宮の状況解説(しかもありえない状況)とかとか…。
    アレは『子宮に当たるほど俺のチンコはでかいんだ』って思いたいのかなあって思ってたけど、単に子宮が大好きってコトなのかw

  6. 30代後半
    3月 4th, 2011 @ 8:31 PM

    私は手コキやフェラをされるとき、立たないんじゃないかという不安のほうが大きいですね。
    それよりも女性の裸にこちらから触ってれば確実に立つので、受身になってもらいたいです。

    焦って強く手コキされるのは痛いし立たないのは辛い。

    握って上下されて気持ちいいのはビンビンのときだけです。
    手コキだけでそこまでもっていけるとしたら自分の手だけですね。
    感じるポイントをなでたりして、自分だからできます。

    フェラもよほど上手い人のじゃないと逆効果になります。
    パイズリにいたってはこれっぽっちも気持よくありません。

    それよりも女の子の裸にじっくり触れているほうがずっと気持ちいいです。

    女性も男の下手な愛撫はむしろいらないくらいでしょう。
    それと同じです。

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力