マンガ週刊連載はギャンブル 漫画家にとって御殿か破産か

投稿日 | 1月 9, 2011 | 1 Comment

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

漫画の週刊連載ときくと、売れっ子作家の華々しさをイメージする人は少なくないだろう。

だが、週刊連載を始める人にとっては、大きなギャンブルであるようだ。

少し前に、とある酒席で女性漫画家と一緒になった。彼女はこの会の後にやりかけた仕事の続きをするからと、専らソフトドリンクを飲み続けていた。

筆者も、翌日は週刊誌のカットグラビアの仕事をすることになっていたので、酒は一滴も飲んでいない。女子トークに花が咲いた後、そろそろ帰るかという話になり、家の方向が一緒ということで、漫画家のご好意に甘え車で送ってもらうことにした。

酒席ですっかり打ち解けていた筆者は、彼女にとある質問をする。

筆者「ねーねー、週刊連載は考えてないのー?」

彼女は、そのころ月刊誌での仕事はしていたが、週刊誌はまだ一度もしたことがないといっていた。

漫画家「ううん、考えてなーい。というか、考えたくないのー」

筆者「へ?なんで?」

漫画家「未悠ちゃん、あのね、週刊連載って博打なんだよー。御殿が建つか破産するかしかないのー。だからね、あたしは月刊でじっくりやるのが性にあってるんだ。今でも充分食べていけるしね」

そうなんだ……と、筆者はちょっと悪いこと聞いたかと反省した。

そして、自宅の前まで送ってもらい、「じゃ、またねー」といってその日は別れた。

御殿が建つか、破産するか、そんなシビアな話なのか……。

上記の漫画家の話を裏付けるような話がある。週刊連載に初期投資が100万円かかるというのだ。

漫画家、加藤元浩氏のブログ記事「蹴りペンギン報告書  漫画家になるのにリアルに必要なもの」(参考リンク参照)によると、漫画家が週刊連載をはじめるにあたって必要経費が100万円かかると述べているの。

少し、その中身をご紹介したい。

「まずは仕事場代。
週刊連載だとアシスタントに2~3名の人に入ってもらうことになるでしょう。緊急事態のとき、あと1名入れるようにしてあるとなお良いのですが。そこにパソコンやコピ-機、そして自分の机、ト-ン入れなどのスペ-スが入るわけで、大体2Kから2LDK(30㎡以上)が必要でしょう。
この物件を漫画家志望の人の多い石神井あたりで借りると7~8万円。敷金礼金前払い家賃等で最初に5か月分かかると全部で40万円近く。」

ちょっとちょっと、なにも石神井じゃなくていいじゃないのよ。高尾はちょっと遠すぎるけど、立川あたりなら中央特別快速も通ってるし、都心まで30分圏内なんだからいいじゃない。荒川渡っても蕨とか戸田公園ならそう遠くないでしょアナタ。

と思った方、それはちょっと甘いらしい。

「もっと安い街や、駅から遠く交通の便の悪いとこを選ぶと、今度はアシスタントに来てもらった人を泊める部屋がもう一つ必要になり、その分家賃が増えることもあります。
非常事態のとき緊急で助っ人に入ってもらえる環境が安全だと思います。」

あー。そうなのか。確かに2LDKが3DK、3LDKになるくらいなら、石神井とか中野とかで借りた方がましなのね。

「次はアシスタント代。3人にはいってもらうとするなら、そのうち1人は必ずベテランの人にお願いしましょう。
週刊連載がようやく取れて、アシスタントが全員新人なんて状況は、この世の地獄です。それが原因で連載が失敗しても不思議ではありません。その子達に教えるのが手一杯で自分の仕事ができなくなるのです。」

ひー、そうなのか。

確かに、指示を出して的確な行動を取れるまで育てるのに時間を費やすよりも、手馴れた人がどんどん進めていったほうが効率はいい。

しかし……この世の地獄って……大げさに見えてそうじゃないのが恐ろしい。

アシスタント選びがそこまで週刊連載の成功を左右するなんて夢にも思っていなかった。

「さて1ヶ月の人件費は35万円から45万円といったとこでしょうか。これに食事代と交通費も払うことになります。全部で50万円くらいでしょうか。
後は自分の生活費、通信費、電気代、光熱費で・・・・ほら、原稿料が入るまでに100万円が消えていきます。」

本当に、100万円が消えていくんだね……。

加藤氏のブログは、漫画家を目指す人、または新人漫画家向けのエントリーなので少し補足をすると、一部大手出版社の場合、ある一定の期間は出版社との間で専属契約を交わし、原稿料のほかに専属契約料が支払われるので、漫画が売れなければ一銭にもならないということはない。しかし、その期間を過ぎるとすべて自腹ということになってしまう。

さて、先ほどの女性漫画家のその後。

数ヶ月して、畑違いの雑誌で週刊連載を始めることになったのだ。

そして、お互い忙しい状況が続き、あまり電話もメールもしなくなってしまったが、彼女の名前は漫画に限らずエッセイなどでも見かけることになった。

彼女が御殿を建てる日も、そう遠くないのかもしれない。

(宇野未悠)

漫画家の実態に興味が沸いたら非モテタイムズをフォローしよう!

(参考リンク)
蹴りペンギン報告書  漫画家になるのにリアルに必要なもの

宇野未悠
埼玉県在住、根っからの夢想家。2011年春よりライブ活動再開予定のアーティスト。
・Twitter  http://twitter.com/uno_miu


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力