「プリキュアは顔を殴られない。だが殴る」――ライター荒井の「キッズ頭脳!」vol.1

投稿日 | 1月 13, 2011 | 4 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

こんにちは、非モテタイムズライターの荒井です。このたび編集長から自分の好きなテーマを扱っていい、と言われましたので、お言葉に甘えまして

「古今東西の子供向け漫画、アニメ、ゲーム、おもちゃなどを題材にしたコラム」

を書かせていただきたいと思います。

モテる、モテないといった悩みを抱える前のピュアな幼少期に戻れる(かもしれない)コラムを目指していきます。よろしければお付き合いくださいませ。

第一回は「プリキュアは顔を殴られない。だが殴る」です。

今や戦隊、仮面ライダーと同様、日曜朝の子供向け番組の顔となっている女児向けアニメが「プリキュア」です。

詳しくない方には、セーラームーンや他の魔法少女アニメと区別が付かないかもしれませんが、プリキュアが他作品と明確に違うのは、敵相手に殴る蹴るなどの肉弾戦を行うところにあります。

自主規制やPTAからの苦情などもあり、2004年の第一作のころに比べると派手なバトル描写は避けられているようですが、それでも敵にトドメを刺すまでの前段階に格闘をおこなうところは変わっていません。

しかし、あくまでもメインターゲットは幼稚園~小学校低学年の女の子。女子プロレス並みの派手な戦いを繰り広げるとしても、これだけは禁じ手、という一線が存在します。

それが、「顔や頭、腹を直接殴る描写」です。

■プリキュアが顔を殴られるのはNG。ただし顔を殴るのはOK

これはwebマガジン幻冬舎内のインタビューにて、初代プロデューサー鷲尾天氏によって明言されています。製作体制はシリーズを重ねるごとに変化していますが、基本的にはこの一線だけは守られており、たとえ敵から顔をグーで狙われるシーンがあっても、一旦顔の前で腕をクロスさせ、ディフェンスさせてから衝撃を受け止める、といった演出上の工夫がなされています。

変身解除すれば、変身中に受けたダメージがリセットされるとしても、女の子が殴られて顔に傷を負うという絵はアウトなのでしょう。

腹パンチについては顔面パンチよりは問題ない気もしますが、プリキュアにはほぼ毎シリーズ、ヘソ出しスタイルの戦士がメンバーに加わっているため、剥きだしになった女の子のお腹に拳がめり込む描写はまずいと判断されたのかもしれません。

ただし、これらの禁じ手は「敵→プリキュア」の場合に限った話で、プリキュアが敵を狙う場合には適用されない模様です。最新作「ハートキャッチプリキュア!」の新年一発目の放送では、敵幹部の顔面に正拳突きを食らわせていました。

なんとなく理不尽なものを感じなくもありませんが、卑劣な悪事を働く相手なら、例え小さな女の子相手でも全力で顔面を殴り飛ばすことで有名なライトノベル「とある魔術の禁書目録」のヒーロー・上条当麻さんが比較的好意的に扱われていることを考えると、「正義の味方が怒りの拳を悪の顔面に叩き込む描写」は、一種のカタルシスなのでしょう。

■幼女に大ショックを与えた「プリキュア同士の殴り合い」

そして、こちらは筆者の独自の見解になりますが、劇場版では恐らく自主規制が緩くなります。

映画作品2作目である「ふたりはプリキュアMax Heart2 雪空のともだち」では、二人のプリキュアがそれぞれ心を凍らされてしまい、意に反した同士討ちをする展開があるのですが、ここでカメラは見切れているものの、明らかに画面の外では顔面を連打でぶん殴られているだろうという場面が見られます。

この時点で殴られている側は洗脳されていませんので、プリキュアが、仲間のプリキュア相手になされるがままに顔面を殴られ続けるというショッキングなシーンになっています。

その他、洗脳されたプリキュアの目が恐すぎるなどの理由から「映画館で泣く子供が続出した」と、前述の鷲尾氏のインタビューでも語られています。

このように紆余曲折、PTAと戦ったり自主規制をしたりしながら、2011年2月にはプリキュアは8年目に突入します。これは変身少女アニメとしては前代未聞の長さであり、玩具売れ行きも好調であることから、スポンサーのバンダイ側が少なくとも10周年までは「プリキュアブランド」を手放さないのではないかと言われています。

果たしてプリキュアは、女の子版戦隊としてのポジションを確立できるのでしょうか?

※画像は(http://www.toei-anim.co.jp/movie/2005_precureMH2/)からのスクリーンショットです

(荒井)

コラム「キッズ頭脳」をチェックするなら非モテタイムズをフォローしよう!

(関連リンク)
Webマガジン幻冬舎

荒井彩(あらい・あや)
東京近郊在住のフリーライター。喫茶店めぐりと特撮鑑賞が趣味。
・ブログ「あるみかん」http://arumikan111.blog109.fc2.com/


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

4 Responses to “「プリキュアは顔を殴られない。だが殴る」――ライター荒井の「キッズ頭脳!」vol.1”

  1. 『ポケモン世界の謎肉ハンバーグ』――ライター荒井の「キッズ頭脳!」vol.2 | 非モテタイムズ
    1月 18th, 2011 @ 4:25 AM

    [...] 「プリキュアは顔を殴られない。だが殴る」――ライター荒井の「キッズ頭脳!」vol.1 [...]

  2. 大人も笑っちゃう!ちょいワル絵本「かいけつゾロリのようかい大リーグ」キャラ名一挙紹介! | 非モテタイムズ
    2月 25th, 2011 @ 12:06 PM

    [...] 「プリキュアは顔を殴られない。だが殴る」――ライター荒井の「キッズ頭脳!」vol.1 [...]

  3. 「魔法少女まどかマギカ」キュゥべえだけじゃない!魔法少女とファンを陥れる極悪マスコットキャラ達一挙紹介 | 非モテタイムズ
    3月 2nd, 2011 @ 7:46 PM

    [...] 「プリキュアは顔を殴られない。だが殴る」――ライター荒井の「キッズ頭脳!」vol.1 [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力