「『神のみぞ知るセカイ』は合わせ鏡」――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第81回

投稿日 | 1月 21, 2011 | コメントは受け付けていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

―「メイド喫茶元オーナー・ヒロN『脱・非モテ講座』」は、メイド喫茶元オーナー・ヒロN氏が、メイド服を脱いだ素顔の女の子と接して得たノウハウを非モテタイムズで教えるコラムです。―

さて、今回は、「人気アニメ『神のみぞ知るセカイ』を考察する」です。

このアニメの原作は、2008年から「少年サンデー」に連載されている「ラブコメマンガ」です。知らないヒトのために、ざっとあらすじを説明しましょう。

ギャルゲーに熱中し、リアルを拒絶する主人公の男子高校生・桂木桂馬が、ある日、奇妙なメールを受ける。それは、悪魔からのメール。桂馬のことを「ギャルゲーの神」と呼び、一種の挑戦的な内容で、新しいゲームに参加するかを問う内容。

「オレに攻略できないギャルゲーなどない!」桂馬が参加するボタンをクリックすると、いきなり、下級悪魔のエルシィが現われる。(見た目、可愛い女の子)そして、まあ、いろいろあるのだが、基本は、現実の女の子に取り憑いた「駆け魂」という霊魂を追い出し、回収するために、実際に、その女の子を落とさなくてはならない。つまり、惚れさせなくてはならないということ。

エルシィは、桂馬のアシスタントとして、桂馬にくっついて来る。という設定です。

桂馬は、ギャルゲーについては、あらゆるテクニックを身につけているが、リアルな恋愛経験は全くなし。つまり、典型的な非モテだな。しかし、彼は、別に、自分自身、非モテを脱出したいと思っているわけでは全くなく、ギャルゲーの世界で充分満足している。むしろ、リアルに対しては、反感というか、嫌悪感というか、拒絶したいのである。

しかし、勘違いから、リアルな女の子との接触を強要されるハメになる。で、彼は、「いやいや」ギャルゲーで培ったテクニックを駆使して、リアルな女の子をナンパする。すると結構、これがうまく行っちゃう。でも、桂馬は、そんなことうれしくない。桂馬はリアルが大嫌いだから。

一方、使い魔のエルシィも面白い。桂馬をガイドするお世話係的な役割を果たしつつ、世間的には、「妹」として名乗っている。つまり、葛城ミサト的な「面倒見係り」とドジッ子で、桂馬が面倒を見なければならない「妹」、そして、主人に仕える従順な「従僕」的な存在、男子が求める女子の役割の全てを兼ね備えている。ある意味、超ベタな設定。

この作品に限らず、ヒトを惹きつけるストーリーというものは、基本、読むヒトが、「こうありたいな」「こうだったらいいな」という願望を具現化しているものです。そして、主人公の設定は、自分が共感できる、自分に近い方がいい。だから、桂馬の、ゲームに熱中しリアルを拒否する姿に共感できる男子が多いということでしょうね。そして、エルシィが突然押しかけてくるという設定も面白い。

つまり、これは、桂馬が求めているではなく、自分からナンパしたわけでもないのに、突然、可愛い女の子がやってきて、自分にまとわりついてくる。自分のほうは求めてないのに、押しかけてくる、なついてくる。こんな事態を、無意識に、求めているのかもしれない、男子は。ポチッとボタンを押しただけで、今まで、リアルな女の子とは無縁な人生だったのに、無理やり?女の子と恋愛しなければならなくなる。

自分は、そんなの望んでない! 望んでない! リアルな女の子なんて、大嫌いだ! でも、しょうがないだろ、そうしないと殺されちゃうんだから。だから、しょうがなく僕は、女の子を口説いているんだ!エルシィにまとわりつかれるのも迷惑だ! 僕は、女の子の口説き方なんかものすごく知っているんだけど、実際には使わないだけなんだ。自分の意思で非モテを貫いているんだ! こういうことを言いたい男子がいっぱいいるんだろうなあ。

でも、面白いのは、この物語が、それだけで終わっていないこと。主人公は、「いやいや」ながら、女の子を口説くはめになり、それが結局うまく行っちゃう。このあたりが、微妙な非モテの心理をうまく言い当てている。だから人気になるんだろう。

もっと面白いのは、この物語が、こういう「リアル拒否・バーチャル偏重」という主人公を客観視している視点。共感しながらも、その「バーチャルオンリーの境遇」を強制的にぶち壊し、「リアル」に主人公を連れ出す、いわゆる「通過儀礼」(イニシエーション)をテーマにしていること。しかし、それもまた、ラブコメという「バーチャル」の世界。つまり、合わせ鏡みたいに、「バーチャル」を「バーチャル」でネタにしている。よくよく考えてみると、本当にややこしい話だ。……神のみぞ知るセカイ。

次回は、こんなお話。

「僕の好きな女の子は、最高に可愛い女の子です。スタイルもいいし、顔も可愛いし、性格もいいし。それは、僕ひとりの思い込みではありません。彼女に会った男子は、皆そう思ってしまうでしょう。こういうハードルの高い女の子を彼女にする自信がないので、別の適当な女の子とつき合おうという気持ちにもなってしまうのですが、やはり、彼女とその子を較べてしまう自分がいるのです。こういう時、どうしたらいいですか?」

(ヒロN)

※ヒロNさんに相談したいお悩みがございましたら、下のコメント欄からどしどしおよせください!(非公開にしたい人はそのように付け加えてくださいね)

毎朝、脱非モテ講座をチェックするなら非モテタイムズをフォローしよう!

ヒロN
コラムニスト。コピーライター。プランナー。1958年生まれ。生物学的にはおっさんですが、精神年齢的には、中学生程度です。2005年から2008年 までメイド喫茶を経営。その経験を活かし、「女の子の取扱い説明書」なる本を書きました。著書「メイド喫茶元オーナーが書いた女の子の取扱い説明書」「男 のダイエット」「脱力系シニアライフのすすめ。」(いずれも無双舎刊)

・ヒロN氏のブログ 「ヒロN式!


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力