『講談社BOX』は結局成功したのか? 新会社・星海社の第一手は「ゼロ年代」の遺産・『ひぐらし』と『Fate』――「オタク学!」vol.14

投稿日 | 1月 31, 2011 | 5 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

―本誌ライターの小山内さんによる、コラム「オタク学」。「オタク的な分野×社会学」というテーマのコラムです。―

星海社は、大手出版社のひとつ、講談社の出資で設立された子会社だ。漫画や小説を配信するウェブサイト『最前線』を運営すると共に、小説の文庫を昨年末から発売している。ウェブを中心とした出版の確立を掲げ、声優による朗読会を開くなど、何かと注目を集めている。

「僕たちは新しい才能が放つ新しい輝きを信じ、それら才能という名の星々が無限に広がり輝く星の海で遊び、楽しみ、闘う最前線に、あなたとともに立ち続けたい。」

上は星海社の公式サイトで語られている「理念」だ。だが同社が文章の通り「新しい才能」を発掘できるかどうか、過去の経緯を振り返ってみると微妙なところだ。

■敏腕若手編集者が次々と世に送り出す、「西尾維新」『ファウスト』『講談社BOX』

星海社の副社長・太田克史さんは講談社の編集者でもあり、人気ライトノベル作家・西尾維新さんの初代担当としても有名だ。他にも現在は純文学方面で活躍する佐藤友哉さん、芥川賞候補にもなった舞城王太郎さんなどをデビューさせている。太田さんの「一人編集長体制」のもと作られたライトノベル誌、『ファウスト』の売り上げも好調だった。

その太田さんは2006年に、『講談社BOX』という新たなレーベルを立ち上げた。『BOX』の本は銀色の箱に入れられた形式で発売され、小説だけでなく漫画・ノンフィクションなども扱われ、西尾さんの『化物語』や『刀語』といったヒット作を出した。

■アルファブロガーも指摘する『BOX』の問題点 維新の後を継ぐ人材を発掘できるか?

だが、膨大な読書量を背景に持つ書評に定評があるアルファブロガー・小飼弾さんは、『化物語』シリーズをレビューしたエントリで、作品内容よりも先に『講談社BOX』という形式に対し、怒りを示している。

「まずは軽くキレておこうか。この講談社BOXというパッケージ、講談社現代新書を抜いて現時点におけるワーストではないかっ」

確かに『BOX』は収納・保存・陳列の全てにおいて、面倒な仕様になっている。その上、主な読者ターゲット層はライトノベルを読むような中高生でありながら、箱入りのせいで価格も底上げされている。

また、アニメ化もされた『化物語』の異例のメガヒットの陰に隠れがちであるが、『BOX』では特に際立った新人作家の発掘に成功していない。それどころか既存の有名作家が書いた『BOX』作品でさえ、あまり話題になっていないのが現状だ。

そして2011年、星海社はまず『星海社文庫』で本格的に出版社としてスタートすることになるが、その第一弾のラインナップは『Fate/Zero』と『ひぐらしのなく頃に』。

いずれもゼロ年代に大ヒットし(『Zero』は『Fate/stay night』の公式同人作品)、消費しつくされたコンテンツだ。同人作品である『Zero』の初文庫化は大きな話題となったが、過去のコンテンツを再利用することで、本当に星海社は「新しい才能」を見つけることが出来るのだろうか?

※画像:(http://shop.kodansha.jp/bc/kodansha-box/)、Amazon

(小山内)

コラムオタク学!が気になったら非モテタイムズをフォローしよう!

(参考リンク)
星海社

404 Blog Not Found-「何かいいことでもあったのかい?」 – 作品評 – 化物語シリーズ

小山内 聡(おさない そう)
漫画とアニメとゲームが好きで軍事オタクの文系大学生。趣味はノンフィクションを読むこと。はてなダイアリー『日の丸海賊団』で書評を書いています。
http://d.hatena.ne.jp/kurohige-ossadot/
ツイッターはこちら↓
http://twitter.com/#!/ossadot

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

5 Responses to “『講談社BOX』は結局成功したのか? 新会社・星海社の第一手は「ゼロ年代」の遺産・『ひぐらし』と『Fate』――「オタク学!」vol.14”

  1. なぜ、戦闘破壊学園ダンゲロス』は講談社BOXから刊行されたか?−−作家・架神恭介さんに聞く!(1) | 非モテタイムズ
    2月 17th, 2011 @ 7:31 PM

    [...] 『講談社BOX』は結局成功したのか? 新会社・星海社の第一手は「ゼロ年代」の遺産・『ひぐらし』と『Fate』――「オタク学!」vol.14 [...]

  2. 【書評】異色ラノベとベストセラーで新年度をポジティブに! | 非モテタイムズ
    4月 11th, 2011 @ 10:23 PM

    [...] 『講談社BOX』は結局成功したのか? 新会社・星海社の第一手は「ゼロ年代」の遺産・『ひぐらし』と『Fate』――「オタク学!」vol.14 [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力