「女の子はイケメン好き。で、何か?」――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第89回

投稿日 | 1月 31, 2011 | 6 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

―「メイド喫茶元オーナー・ヒロN『脱・非モテ講座』」は、メイド喫茶元オーナー・ヒロN氏が、メイド服を脱いだ素顔の女の子と接して得たノウハウを非モテタイムズで教えるコラムです。―

さて、今回、お答えするテーマはコチラ。記事に寄せられたコメントです。

「結局、女は、イケメンしか好きにならない。」

やれやれ、まだ、そんなことを言っている輩がいるとは。道は、まだ遠いなあ。この講座で、何回も取り上げたテーマですが、バックナンバーをひっくり返すのも面倒でしょうから、また、このテーマについて語りましょう。

確かに、女の子は、結構、見た目で男子を好きになりますね。というより、ほとんど見た目です。決め手は。

「ヒトの内面を見ないで、うすっぺらい奴らだ!」

とか非モテ男子の中には、そんなふうに軽蔑気味に女の子を批判するヒトも少なくないと思うけど、その言ってる口で

「若くて可愛い子じゃないと僕は存在を認めない!」

とか言うヒトも多い。おいおいおい。

かく言う僕だって、可愛い子と可愛くない子とどちらを選ぶ?と言われたら、やっぱり可愛い子とつき合いたいもんなあ。偽善者ぶるつもりはないです。つまり、女の子、男子、どちらも好きになる要素は、まず、外見。と言うのは真実だと思います。だから、イケメン絶対有利。なんでしょうね。

「僕は、ブサメンだから、もうだめだあ! なんだい! 女なんて女なんて!」

といじけている、そこの君! でも、そう感情的にならずに、もうちょっと冷静にこの話を考えてもらいたい。

「女の子はイケメン好き」。じゃあ、イケメンって一体なんなの?ってことですよ。世の中にイケメンって言われている男はいっぱいいます。一体何人? 日本人だけじゃない、韓流、ハリウッドスター、なんちゃらかんちゃら、それこそ星の数ほどいますよ。タレントとか、芸能人とか、テレビやマスコミに出てくる人間だけでも数え切れません。そういうのに出てこない、「街のイケメン」まで入れたら、一体何人になるんじゃあ。

イケメンの基準って一体なんなんです? 顔が整っている? スタイルがいい? じゃあ、イケメンの条件を満たしている順に並べて、どこからがイケメンで、どこからがフツメンで、どこからがブサメンなのか? 境界線はどこにあるのか? そんなもん、意味ないよ。

まあ、より大勢の女の子が「かっこいい!」とか言う奴がイケメンということになるのだろうけど、だから、どうなの?と言いたい。

「結局、女はイケメンしか好きにならない」=「僕はイケメンじゃないからもてない」

で終わり?ですか?

つまんないなあ。それじゃあ、何にも人生変わらないじゃない。

じゃあ僕もイケメンになろう!とか言って、整形手術するくらいのこと考えろよお、そんなこと一生懸命言ってるんならさあ。とか思う。そこまでやるんなら、認めるよ、その主張。結局なんにもやらないんなら、こんなこと言ってたってしょうがないでしょ。

自分がイケメンじゃなくて、それを武器にできないんだったら、その前提で、なんとかしようと考えなきゃしょうがないじゃありませんか。そんなことを一生懸命言うのは、「そうじゃないよ」とか「そうじゃないわ」とか、まだ見ぬ誰かに言ってもらいたいからじゃないの? 心の底では、「そうじゃない子」がどこかにいて、そう認めてもらえることを密かに願っているからではないのか?

ところが、女の子は、外見ばっかりで選んでいるような気がするので、自然、恨みごとが出る。だったら、いっそのこと、かっこよく「僕はイケメンじゃないよ。でも、君のこと好きだよ」くらいのこと、しれっと言ってしまわない?

イケメンは生まれつきの要素が大きいから、イケメンにはなれないかもしれないけれど、せめて「男前」にはなれる。それでいいじゃないか、と思う。わかる子にはわかるよ。わからない子にはわからないけど。

でも、それでいいじゃないか。そんなこと、どうでもいいんだ。本当にね。もうだから、「女はイケメンしか好きにならない」なんて言わない方がいいと思うよ。

さて、次回はこんなテーマです。

「体育会系男子は、もてるのか?」

次回は特に中高生必見。お楽しみに。

(ヒロN)

※ヒロNさんに相談したいお悩みがございましたら、下のコメント欄からどしどしおよせください!(非公開にしたい人はそのように付け加えてくださいね)

毎朝、脱非モテ講座をチェックするなら非モテタイムズをフォローしよう!

ヒロN
コラムニスト。コピーライター。プランナー。1958年生まれ。生物学的にはおっさんですが、精神年齢的には、中学生程度です。2005年から2008年 までメイド喫茶を経営。その経験を活かし、「女の子の取扱い説明書」なる本を書きました。著書「メイド喫茶元オーナーが書いた女の子の取扱い説明書」「男 のダイエット」「脱力系シニアライフのすすめ。」(いずれも無双舎刊)

・ヒロN氏のブログ 「ヒロN式!


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

6 Responses to “「女の子はイケメン好き。で、何か?」――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第89回”

  1. ヒモテ
    1月 31st, 2011 @ 10:03 AM

    こんにちはヒロNさん。

    僕は周りから不細工だといわれて何年も経ちます。

    この講座の人は見掛けで大体決まるという意見には賛成です。

    僕だってかわいい子のほうがいいので、男女ともにイーブンだと思います。

    イケメンじゃないからモテない。それならもっと他に一生懸命努力しろと書いてありますが、

    この講座においてはそのどこをどう努力しなければいけないかという点があまりにも抽象的ではないでしょうか。

    見掛けで大体決まると言われた以上、その対策も提示するのが本当の講座なのではないのでしょうか。

    どのように努力すれば、大抵の女子に振り向いてもらう確率が上がるのでしょうか。

    人それぞれ好みや感覚が違うのでそこをロジカルに求め出すのは難しいと思いますが、

    ここまで書いているのなら最低限女子と仲良くするための持論をお持ちですよね。

    長文かつ挑発的な文章になり失礼しましたが、

    回答をよろしくお願いいたします。

  2. 悩める人
    2月 1st, 2011 @ 10:41 AM

    ヒロNさん、はじめまして。
    いつもとても楽しく興味深く拝見してます。

    ヒロNさんの記事を熱心に読んでいる以上、僕自身も確かに間違いなく非モテなんですが、非モテには大雑把に分けて2種類いると思うんです。なんとかして女の子と仲良くなりたいけどうまくいかなくて悩んでいる非モテと、女性に絶望していて完全に諦めている非モテ。

    「結局、女は、イケメンしか好きにならない。」と確信している人は後者だと思うんです。彼らを救うことももちろんヒロNさんにとって大事な使命なのだろうと、ヒロNさんの記事を全て読んで感じているのですが、彼らの固定概念を融かしてあげるのは本当に大変難しいことだと思うのです。

    僕自身も、どんなに努力しても自分には絶対に彼女ができないと確信していた(女性との日常会話すら避けていた)時期が15年位ありました。だから女性に絶望している彼らの気持ちもとても良く解るのですが、同時に、それを思い改めさせるのは容易なことではないと実感しています。

    そこで思うのは、女の子と仲良くなりたいけどうまくいかなくて悩んでいる非モテの人たちを対象にした、応援やアドバイスに注力された方がいいのかなーと。「結局、女は、…」って確信している彼らもヒロNさんの読者であることに間違いありませんが、よりヒロNさんからの助力を必要としているのは、女の子と仲良くなりたい非モテの人たちじゃないかと思っております。

    おせっかいは承知の上で、日頃記事を読ませていただいている感謝のつもりで書かせていただきました。これからも楽しみにしています。参考にさせていただきます。

    1のヒモテさんへ。
    「どこをどう努力しなければいけないかという点」はこの講座をつぶさに読んでいけばヒントはいっぱい書かれています。女の子と仲良くなりたい非モテには非常に参考になるものばかりですので、ぜひ読んでみてください。

    多くの女の子からモテるのはイケメンが有利だということは間違いありませんが、もし、心から信頼できる彼女が一人いれば充分だとお考えなら、必ずしもイケメンである必要はありません。経験上。

    僕の場合は趣味の分野である特技を自分のために磨いていたら、いつのまにか女の子たちから関心を持たれるようになっていました。その中で好きな子ができたので一念発起して20kgのダイエットを敢行し、服装や身だしなみに気を配るようにして…それでも振られてしまいましたが、その直後に、女の子への共感を心掛けることで、より相性の合う子と交際にこぎ着けることができました。彼女ができてからはリラックスして語り合える女の子の友達も増えています。

    ちなみに僕はコンプレックスの固まりのブサメンで、彼女がぽっちゃり好きとわかった1年後にはだらしない体型に戻りましたし、精神科で対人恐怖症と診断されたような人間です。今でも彼女との交際(あるいは人生)に悩みつつ。

    晩婚化が叫ばれる中、僕の周りにも独身だったり恋人のいない友達は男女問わずたくさんいます。10代で彼女がほしいとか、せめて20代のうちには…なんて気負う必要はないかもしれませんね。

  3. ヒロN
    2月 5th, 2011 @ 1:13 PM

    ヒモテさん、近く、本文の中で、回答いたします。
    お楽しみに。

    悩める人さん、コメントありがとうございます。
    これからも、皆さんの参考になるようなコラムを
    書いていきたいと思っています。
    これからも応援してくださいね!

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力