「好きだから嫌がらせをしてしまう」――同性に恋した大学生が激白

投稿日 | 2月 5, 2011 | 3 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

―ネット上にある、匿名での、赤裸々な恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』。

今回の告白者は、「同性に恋した苦悩」について打ち明けています。

告白者は異性愛者の同性を好きになりました。相手の事が好きなのに嫌がらせが止められなくなってしまったということです。

一体どういうことなのでしょうか。

告白が行われたのは、はてな匿名ダイアリー「友人にカミングアウトした」(参考リンク参照)。告白の概要、告白者のプロフィールを踏まえて、具体的な告白内容を御紹介いたします。

■告白の概要

告白者は二年ほど前から異性愛者の友人を好きになりました。思いが高まるにつれて、行動もエスカレートし、ついには嫌われてしまいます。しかし諦められないまま、嫌がらせを繰り返すまでになってしまいました。

■告白者のプロフィール

性別 不明

年齢 不明
職業 大学生
備考 同性愛者。二年前から好きになった相手は異性愛者(ストレート)。

■告白の具体的な内容

告白者の大学生は好きな人から嫌われるようになっても嫌がらせをやめることができません。

同性愛者であることを別の友人にカミングアウトしたところ、友人からは何度も次のように言われました。

「その人と仲良くなりたいと思ってるのに、どうして嫌がるようなことばかりしてるの?」

「さっきから矛盾してるようなことばかり言ってるよ?」

しかし告白者はその質問には上手く答えられません。告白者が気になっているのは次の点です。

友人と、その人と、3人で話し合ったときには言えなかったこと。

その人には、言わないほうがいいって、思ってたこと。

「ひとつ聞いていい?」

「なに?」

「友情と恋愛感情の違いってなに?」

告白者は恋愛感情を隠しているから行動が矛盾してしまうのだということを、好きな人に伝えられずにいるようです。

■ライターの意見

好きになった相手が自分を恋愛対象としてみてくれない、というのは恋愛にはよくある事でしょう。

しかしこの場合は、告白者が同性愛者、相手は異性愛者。その違いから、告白者はまず言葉で「好き」と伝えることが難しいと感じているようです。

推測になりますが、気持ちを態度で表すことしかできないもどかしさから、行動がエスカレートしてしまっているのかもしれません。告白文の内容からは好意が相手に伝わっていない可能性も見受けられます。

同性愛者が異性愛者を好きになることの特有の葛藤もあるのでしょう。しかし恋愛においては、うやむやにせず、失恋を受け止める勇気をもつことが必要な時もあるのではないでしょうか。

皆様はどのようにお感じになりますか?

(夏目)

匿名の告白が気になったら非モテタイムズのツイッターをフォローしよう!
(参考リンク)
友人にカミングアウトした

夏目寝子
ライブチャットでパフォーマンスしたり、文章書いたり。1977年生まれ。三十路独身所属なし、裸のヤドカリ目線から潮風に吹かれて世の中斜めに観察中。


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力