アヒル口は不快!男には滑稽すぎる女の努力、一挙紹介!

投稿日 | 2月 13, 2011 | 3 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

ほとんどの女性の皆さんは「イイ女」になるべく、日々それなりに美の追求をしていることでしょう。

でもそれって本当に男性が求めている美しさかどうか、考えたことはあるでしょうか? 考えるまでもないとお思いでしょうか?

男性が理解出来ない、女性の努力、について、ネット上で話題になっていました。

ブログ記事「女は良かれと思ってやっているけど男には理解できないもの:ハムスター速報」(参考リンク参照)ではそんな女性達の美の追求に、男性には理解出来ない部分が挙げられています。引用して紹介してみましょう。

「ダイエットしすぎ」

現代の日本人女性は過剰なダイエットをしすぎとも言われています。女性的な魅力はその曲線美にあり、それは適度な脂肪と適度な筋肉によって構成されるのではないでしょうか。ちなみに筆者はムチムチが好きです。

ファッションに関する不満もひと通り挙げられているようです。

「ネイル」

「ピアス」

「レギンス」

「ハイヒール」

「ブランド物」

「フリルの付いたもの」

とりあえず女性ファッション雑誌を全否定しているような印象ですね(笑)。

メイクに対する批判も。

「目の周りにキラキラした化粧してて、それがちょうど和室の壁みたいだったんでそのことを伝えたら不機嫌になった」

「ケバい化粧 なんで目の回りが真っ黒なんだよ」

「アンパンマンみたいなチーク」

「和室の壁」はかなり失礼だと思いますが、気持ちは分かります。(笑)メイクも限度があることは多くの女性も承知のことだとは思います。もしかすると、現在流行とされているメイクは実は男性はそれほど魅力的に感じていないのかもしれません。

仕草に対する意見も。

「食べ物口に入れる時に顔プルプルさせる奴 見てるこっちが恥ずかしい」

どういうことでしょうか。

「ん~おいひ~ とかいってあごを左右に振る感じだろ」

これ以上うまく描写することは難しいのですが、「顔プルプル女性」は筆者も見たことありますが、あれは可愛さをアピールしているのでしょうか?

「アヒル口」

昨今アヒル口がブームですが、一部男性にはその魅力が伝わっていないようです。残念ながら筆者にも伝わってきません。アヒル口ブームにあやかろうとしてそれを真似るのはかえって男性を不快にさせてしまうこともあるのでやらないことがオススメです。

以上のように、女性の美に対する価値観のギャップが男女間であり、男性ウケしないどころか不快にさせているものもあるようです。女性の皆様には是非そういった点も踏まえた上で美の追求をしていただきたいものですが、今回のソースは2ちゃんねると非モテの代弁者である筆者だという点は押さえておきたいところです。

(福澤)

非モテタイムズのツイッターをフォローしてかかさずチェックしよう!

(参考リンク)
女は良かれと思ってやっているけど男には理解できないもの:ハムスター速報

福澤(フクザワ)
ハイパーメディアクリエイター。(自称)
・blog「名古屋の工業大生のブログ2.0」  http://blog.metacortechs.net/
・twitter  http://twitter.com/fukkie_


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力