もしもクラブDJがアイドルに恋したら!ーーアイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!(1)

投稿日 | 3月 4, 2011 | 6 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 



DJといえば、テクノやハウスといったお洒落な音楽をクラブでかける人、というイメージがあります。

しかし都内を本拠地に活動されているDJ・トーニャハーディングさんは、クラブでのイベントだけでなく、Ustream(個人がネットで出来る生放送)の配信などでも多くの注目を集め、しかもかける曲はアイドルソング中心、という異色の人物です。

今回非モテタイムズではトーニャハーディングさんに単独インタビューを決行し、アイドルDJとしての音楽観、最近のアイドルビジネスの動向、ツイッターやブログを活用した音楽活動などについてお聞きしました。

◆     ギターから始まった様々な音楽遍歴

―まずはトーニャさんの音楽経歴からお話を窺いたいのですが、ギターを弾かれていた時期があったそうですね。

今はDJをやりながら適当に歌をかぶせたりしてるんですが…歌が大好きなんで(笑)。そもそも中学一年の終わりくらいからギターをやり始めて、それから十二、三年くらいは本当にギターが大好きでやってたんですけど、最近はあまりいじらなくなっちゃいましたね。

ありがちな話なんですけど、大学の最初くらいまでは、ギターが上手くなって、曲作れば、音楽で飯が食えるかなーとか思ってましたね。二十歳くらいまでは挫折も無く…まあチャレンジもしてなかったですけどね。コンクールとか、デモテープを送るとかもなく、井の中の蛙で。周りよりは全然上手かったから、適当にもてはやされるんじゃないかっていう、幼児的な全能感とともにずっとギターをやってて。

今は歌の方が好きなんですけどね。歌の方が人の気を引けるようなところがあったみたいで、家で大声で歌って練習とかしてるんですけど(笑)。でもギターはハードロックからJポップまで、結構テクニックが難しいのを練習して、当時はもうあまりそういうのは流行ってなかったんですけど、雑誌とか楽器屋の兄ちゃんとかが先生みたいな感じでした。

で、結構バリバリギターソロがある曲を練習していて、そういうのが後でお洒落な曲をやる時にも割と役立ったかなと。

―確かに、ハードロックとかヘヴィメタルを経由してると、応用利きますよね。楽器だと。

ジャズとかフュージョンとかなるとまたハードル上がるんですけど。結構複雑になるから。でもそういうのも好きなんで。どういう感じで好きなものが変わっていったかっていうと、ジャンルだけで言うと面白くて、ハードロックやヘヴィメタルから入って、そこからプログレッシブロックって言う…僕が大学で入ってた「ユーロロック研究会」っていうサークルがプログレ好きの人が集まっていて。ただプログレって結構ごった煮感というか、割とどす黒い感じがあるんです。

そこからジャズの要素が気になって。正統派のジャズから、ボサノヴァが好きになって、そういうギターを練習しました。ただあんまりジャズサークルとかプログレサークルは、人間的に肌が合わなさそうだなあと新歓の時に思って、そのユーロロック研究会には変な先輩が一杯いたんで、そこで鍛えてもらおうかなあと。

◆ 大学で出会ったターンテーブルとDJ 自らイベントを主催するまで

―そこからDJを始められたのはいつ頃ですか?

DJは大学二年の時から始めたのかな。ちょうど今で十年くらい。「クラブユーロ」っていう、サークル内の人たちでやるイベントがあって、ダンスミュージックの人もいれば、ギターポップの人もいて、皆で音楽をかけて踊ろうっていう。ただ当時は先輩達が結構幅きかせてる面があったんで、音楽的に気にはなってたんですが、「大して上手くないくせに威張りやがって」的な気持ちもあって、それが跳ね返って「じゃ俺がやってやるよ」みたいになって(笑)

今だったら絶対CDJ(アナログレコードでなく、CDでDJが出来る機械)かパソコン買ってたでしょうね、だからかなりお金もかかったんですよ、ターンテーブルとか、何にせよレコードでしょう。そんな感じでそんなに高いやつじゃないですけどミキサー買って、ターンテーブルも二台並べて。音なんかもコンポにつないで…最初はハウスでしたね。

最初はオシャレな感じのジャジーなハウスとかかけて、今あんまり聴かないですけど(笑)。そっから、「何だか、チャラいのはあんまり受けないぞ」と思って、「自分のキャラにも合ってないのかな?」ってなって。もっと無骨な感じの、初期ハウスに近い荒い感じだったり、サンプリングしたものと、尖ったビートをくっつけて。ディスコの要素とか活かしたり、音の成分がわざと少ないもので組み立てたようなハウスが好きでした。途中からテクノも好きになって、それから五、六年…社会人になって、自分のイベントも開いたりして。

―cajon(カホン)ですね。

はい。あれは3年間くらいだったかな。まあ休止状態ですよね(笑)。僕はcajonの最後の方からアイドルとか、日本語のDJをもっとやりたいなって思って。それでメンバーと折り合いつかなくなっちゃって。凄く抜けてったり入れ替わっちゃったり。(続く)(インタビュー=小山内)

トーニャハーディング
DJ。2010年2月14日深夜、自室からオンエアしたDJ配信は、実に1200名以上が同時閲覧し、Ustreamの視聴ランキング世界6位を記録した。ハウスミュージック、ももいろクローバー、ラーメン二郎を愛する。

ブログ:http://cajon-forever.com/

■DJスケジュール
・03/04(fri)「throwcurve 10th Anniversary ミライ・ポップ・フェスティヴァル 2011」@新代田LIVEHOUSE FEVER
・04/09(sat)「夕焼け誕生日」@自由が丘 Acid Panda Cafe
・05/20(fri)「葉隠」@秋葉原 MOGRA

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

6 Responses to “もしもクラブDJがアイドルに恋したら!ーーアイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!(1)”

  1. AKB48からPerfumeまで、奥深いアイドルの世界「もしもクラブDJがアイドルに恋したら」(2) | 非モテタイムズ
    3月 4th, 2011 @ 12:54 PM

    [...] アイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!ーー「もしもクラブDJがアイドルに恋したら」(1) [...]

  2. 『けいおん!』ヒットの理由分析と、DJとしての今後の方向性「もしもクラブDJがアイドルに恋したら」(3) | 非モテタイムズ
    3月 4th, 2011 @ 12:55 PM

    [...] アイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!ーー「もしもクラブDJがアイドルに恋したら」(1) [...]

  3. Ustreamで「一生に何回あの興奮を味わえるんだろうな…」ーー「もしもクラブDJがアイドルに恋したら」(4) | 非モテタイムズ
    3月 4th, 2011 @ 12:56 PM

    [...] アイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!ーー「もしもクラブDJがアイドルに恋したら」(1) [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力