AKB48からPerfumeまで、奥深いアイドルの世界!ーーアイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!(2)

投稿日 | 3月 4, 2011 | 9 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 



前回は、アイドルソングDJとして都内を中心に活動されているトーニャハーディングさんに、自身の音楽経歴について窺いました。今回からは、アイドルにハマった理由や、アイドルビジネスの現状についてお聞きしていきます。

◆     知ってから衝撃を受けたアイドルソングの「凄さ」

―それで僕が凄く疑問だったのが、なぜ急にアイドルに!?と(笑)。一体いつ、どこで、何があったのかと。

僕はねえ…まあ、もともと興味があったんで。ただ現場(ライブ)に行くとかそういうのはなかったんですけど、何かがきっかけで後輩から「行きましょうよ!」と誘われて。断る理由も無く行ったのが、はまるきっかけでしたね。

ただ、学生時代は本当に全くアイドルについては知らなかったんですけど、知ってから「音楽的にも結構これは凄いぞ」みたいな。後はJポップとかを聴くようになると、アイドルって重要な市場として浮かび上がってくるんで。今だったら韓国とか(笑)。でもやっぱり彼らもああいうビジネスを支える大事な要素で。しかも曲だけじゃなくて、インタビューとかテレビでの受け答えもかなりのレベルで出来るんで。

そういえば、紐解いていくと、そのBerryz工房好きの後輩にライブに連れて行かれる前に、ネット上で「MOE-K-MCZ」っていう、今は活動してないんですけど、三人組の女の子が、ヒップホップやハウスのトラックの上で萌えるラップをしてたんです。そういうユニットを見つけて、「自分のイベントに出て欲しい」と思ったんですよ。踊れるサウンドだったんで、「これなら他のメンバーも納得するだろう」と、そっちの方が先だったかなあ…。

その時にお客さんとしてきてくれてた奴等が、今、ももクロちゃん(ももいろクローバー)の現場とか、僕は最近全くアイドル現場行かなくなっちゃったんですけど、他のクラブの現場とかで知り合う人間とその時から繋がってたりして、面白いなあと。

―音楽的な面で言うと、アイドルソングっていうのは、Jポップとして多くの人に受け入れられつつ、「分かる人には分かる」みたいな深さも同時に内包している二面性がある、っていうのが僕の推測なんですけど、そのあたりはいかがでしょうか?

全く同じ感じはありますね。やっぱアイドルオタクって侮れなくて、そういう楽曲評価をしてる人もいて、そこから「こういう引用はナシなんじゃないか」とか(笑)。

―引用というのは、昔のクラブミュージックとか。

大いにありますね。ロックからとか、ディスコからとか。結構スレスレだったり。全盛期のモー娘。くらいになると別でしょうけど、今のアイドルも凄く色んなとこから曲を持ってきてますよね。ゼロからの創発ではない。

―あと、Perfumeなんかも、最初は普通にアイドルとしてデビューして、後で中田ヤスタカさんが関わられて、歌ってる本人たちはどれくらい自分たちの音楽性を理解してるのかなっていう疑問もありますが。

Perfumeは、サウンドが明らかにガラっと変わったじゃないですか。そういう時にモチベーションの面とか、「こうやって売っていくから、君らもこうやっていこうね」っていう統一を図ったんじゃないかな。音だけ変わって、本人達がわかんないまま売れていったと言うよりは、結構トータルでプロデュースしていったと。プロモーションから、本人達の精神的なケアまでやっていったんじゃないかなあと思いますね。そうじゃないんだったら自分達だけで努力してることになる(笑)。中田さんは執拗に同系統のサウンドで攻めてるんで。

◆     国民化して「遠くなった」AKB ももいろクローバーも同じ道?

―あと、やっぱり今だとAKB48についてお聞きしたいんですが、僕のイメージとしてはメンバー数の多さと、プロデューサーの秋元康さん…僕は『ガンダムZZ』の主題歌『アニメじゃない』のメタさなんかが強烈な印象なんですが(笑)、AKBについてはどうお考えですか?

秋元康さんはやっぱり仕掛け人、というか壊し屋みたいなとこがあって、美空ひばりに誰も意見できなかった頃歌い直させた、とかいう伝説があるんですが。AKBはまだ全然劇場が満員にならない頃、実は仕事の営業でアキバによく行ってたんです。気にはなってましたけど、その頃はまだアイドル好きじゃなかったし、正直出てきた頃全然可愛いと思わなかったし(笑)。

でもその成長していくストーリーと共に、段々メディアをジャックしてって、曲も凄く良いのがあったりするんです。で露骨に競わせて、色んなユニット作ったり、芽がまったくでない子とかもいるし、あとどんどん皆綺麗になっていってるじゃないですか(笑)。僕全然好きじゃなかったですけど、深夜ドラマで『マジすか学園』っていうのを結構泣きながら観てましたね(笑)。やっぱりこういう「元気がない」って言われている音楽業界で、いろんな人を支えている存在だろうし、それは評価すべきだろうし。

―表層的な情報で申し訳ないのですが、AKBといえばかつては「アキバに行けば会える」、みたいな身近なアイドルとして認知されていたと思うんです。それに対して僕の知ってる全盛期のモーニング娘。なんかは、テレビを中心としたメディア戦略の凄さ、みたいなものを当時感じていたんですが、ネット全盛の今、AKBはどういうメディア戦略をとっているのでしょうか?

そうですね…従来のアイドルは遠い存在なんだ、っていうイメージと相反して、デビュー当時のAKBは「近い、会える、握手もある」とか、そういったことで強烈な結びつきのあるファンを獲得していって。辞めるときも普通の女の子に戻ります」っていって辞めるというよりは…

―キャリアの過程として考えていると。

そうなんですよ。だから、「クラスで一番美人な娘」みたいなタイプじゃないと。何番手、っていう娘が、努力して成り上がっていくストーリーっていうのが凄く…今は、登りきっちゃったんで(笑)。これからどうなるかっていうのはわかんないんですけど、その過程を楽しんできたファンっていうのは、一番蜜を吸ったファンなんじゃないんですかね。ただ国民化しすぎちゃて、今はそういう「会える」みたいなストーリーはないですよね。

ももいろクローバーも、人気が出るようになってチケットが取り辛くなっちゃって、それで僕はアイドル現場の方から離れていっちゃって…。丁度その頃ですね。僕がDJを評価してもらえはじめたのは。

―そのあたりのお話もぜひ窺いたいんですけど、cajonの最後の方からアイドルソングのDJを始められた感じなんですか?

そうですね。悩みながらやってましたね、混ぜたりとか。まだアイドルにそれほどどっぷりはまっていたわけではなかったし。アニソンとか、あと当時はニコニコ動画の影響も強かったですね。あれは色んな人が集まってきて、下品なものも含めて色んなものをぶち込んで、ごった煮にして、皆で突っ込み合ったりして楽しむみたいな。特に初期は僕、そのパワーをすっごい感じてました。(続く)(インタビュー=小山内)

トーニャハーディング
DJ。2010年2月14日深夜、自室からオンエアしたDJ配信は、実に1200名以上が同時閲覧し、Ustreamの視聴ランキング世界6位を記録した。ハウスミュージック、ももいろクローバー、ラーメン二郎を愛する。
ブログ:http://cajon-forever.com/

■DJスケジュール
・03/04(fri)「throwcurve 10th Anniversary ミライ・ポップ・フェスティヴァル 2011」@新代田LIVEHOUSE FEVER
・04/09(sat)「夕焼け誕生日」@自由が丘 Acid Panda Cafe
・05/20(fri)「葉隠」@秋葉原 MOGRA

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

9 Responses to “AKB48からPerfumeまで、奥深いアイドルの世界!ーーアイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!(2)”

  1. アイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!ーー「もしもクラブDJがアイドルに恋したら」(1) | 非モテタイムズ
    3月 4th, 2011 @ 12:53 PM

    [...] AKB48からPerfumeまで、奥深いアイドルの世界「もしもクラブDJがアイドルに恋したら」(2) [...]

  2. Ustreamで「一生に何回あの興奮を味わえるんだろうな…」ーーアイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!(4) | 非モテタイムズ
    3月 4th, 2011 @ 1:00 PM

    [...] AKB48からPerfumeまで、奥深いアイドルの世界!ーーアイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!(2) [...]

  3. 『けいおん!』ヒットの理由分析と、DJとしての今後の方向性ーーアイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!(3) | 非モテタイムズ
    3月 4th, 2011 @ 1:01 PM

    [...] AKB48からPerfumeまで、奥深いアイドルの世界!ーーアイドルソングDJ・トーニャハーディングさんに聞く!(2) [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力