中国4人に1人テレビ爆発経験あり!――恋愛に応用してみた

投稿日 | 3月 5, 2011 | 3 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

中国では、テレビやパソコンなどの電化製品が突然火を噴いて爆発した、というニュースが連日のように伝えられていますが、この度サーチナ総合研究所(上海サーチナ)が中国で行ったアンケート調査によって、驚愕の事実が明らかになりました。

伝えているのは「サーチナ:テレビ爆発、経験ありますか?」(参考記事参照)。アンケート調査の内容と日本の反応を踏まえ、恋愛でどう生かすかを考えてみたいと思います。

■中国人の感覚

「あなたはテレビが爆発する事故に遭遇したことがありますか?」という質問に対し、25.15%の人が「ある」と回答しました。なんと、中国人の約4人に1人がテレビの爆発現場に居合わせたことがあるというのです。
さらに、テレビが爆発する主な原因を尋ねたところ「製造レベルの問題」と答えた人は34.92%に留まり、メーカーに責任を問う人の割合がさほど大きくないことがわかりました。どうやら中国人の多くは「テレビは爆発してもおかしくないもの」という感覚を持っているようです。

■日本人の反応

このアンケート結果に対し、ネット上には「ありえない」「ワロタwww」「こんな調査が行われる時点で異常」など、驚きを隠せない日本人の投稿が数多く寄せられました。中には、製品の質ではなく、不安定な電気供給設備を原因に挙げるレスもありましたが、いずれにせよ「テレビは爆発してもおかしくないもの」という中国人の感覚は、日本人には到底理解できないものであると言えます。

■「爆発するテレビ」を活用できないか

ありがたいことに、現代日本ではテレビが爆発することは滅多にありません。しかし中国製品が湯水のごとく輸入されてくる現状にあっては、いずれ当たり前のようにテレビが爆発する時代がやってくるかもしれません。そんな恐ろしい時代が訪れたときに、あなたはただ爆発しないように祈りながらテレビを見ますか? ここは一つ、爆発するテレビを恋愛に活かす方法を考えてみようではありませんか。

吊り橋理論。この単語を聞いただけでピンと来た方もいるかもしれません。1974年、カナダの心理学者ダットンとアロンによって発表された学説です。
ぐらぐら揺れる吊り橋を渡っているときに異性に声を掛けられると、吊り橋の恐怖からくるドキドキと恋愛のドキドキを脳が混同してしまい、声を掛けてきた異性に一目惚れしたと勘違いしてしまう、というものですね。つまり、極度の緊張状態で愛の告白を行うと、成功する確率がグンとアップするらしいのです。
もうおわかりでしょう。突然テレビが爆発したら、その瞬間に一緒にいる異性に告白するのです。相手はテレビの爆発で相当ドキドキしているはずです。そのドキドキがあなたへの恋心だと勘違いして、高確率で良い返事が貰えるという寸法です。
テレビが爆発した際には、是非試してみてください。(藍華カヲル)

(参考記事)
サーチナ:テレビ爆発、経験ありますか?(http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0301&f=national_0301_157.shtml)

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力