ジェラシーの研究−−男のやきもちは遺伝子のせい?

投稿日 | 3月 21, 2011 | 5 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

―「メイド喫茶元オーナー・ヒロN『脱・非モテ講座』」は、メイド喫茶元オーナー・ヒロN氏が、メイド服を脱いだ素顔の女の子と接して得たノウハウを非モテタイムズで教えるコラム。第129回です―

さて、今回は、
恋愛において、すごくいろいろな影響を及ぼすことがある「ジェラシー」について、研究してみたいと思います。どうぞお楽しみに!

「ジェラシー」。「やきもち」。一見、この感情は、女の子の方が強く持っている感情のように思われがちですが、ヒロNの見解によれば、この感情は、男子の方が圧倒的に強いと思います。
なぜなら、女の子が「共感志向」で生きているのに対して、男子は「競争志向」が強いからです。

男子は、本能的に、「ヒトより強くなりたい」「ヒトよりえらくなりたい」「ヒトより優れた人間になりたい」という欲求が強い。つまり、男子は、無意識に、「オレはあいつより強いだろうか?」とか「あいつより優れているだろうか?」とか値踏みしているもので、それは、行きつくところ、立派なオスになって、「メスにもてたい」という深層心理に由来しているわけです。僕が、この講座で、何度も「男子は、女の子のために生きている」と言っている通りです。男子の「金を儲けたい」「出世したい」「強くなりたい」という意欲は、「女の子にもてたい」というオスとしての本能に行き着く。オス同士、競争をすれば、当然、勝ち負けも出てくる場合もあるので、負けた方は、「オレはダメだなあ」と傷つく。その感情が自分に向かうと「コンプレックス」とか「向上心」とかになる。「ちくしょう!あんにゃろう!」と自分が負けた相手に向かえば、それは「ジェラシー」ということになる。つまり、競争を意識した時に「ジェラシー」という感情が生まれるわけです。競争心、向上心が弱いヒトは、「ジェラシー」の感情も弱いわけです。

だから、ジェラシーは、男子の場合、恋愛に限らず、仕事でも趣味でも、自分が勝ちたいと思う分野ならば、その感情が生まれる可能性がある。男子は、上昇志向が強いほど、「ジェラシー」の感情が強くなる。それが、異性獲得競争ということになれば、もう大変です。なぜか?それは、男子には「自分がセックスした女の子を支配したい」という本能があるからです。これは、自分の遺伝子を、なるべく確保したい、自分の子孫を残したい、という本能に基づいています。オスは自分が種付けしたメスを他の男子に取られたくない。だから、女の子が他の男子と接触することを許さないのです。もし、そういう兆候が女の子に見られたら、それを許さない。そんなことから、嫉妬の感情が生まれます。

もちろん女の子の方にも、嫉妬の感情はあります。「あの子の方があたしより可愛い」とか「男子にもてる」とか。しかし、女の子は、実は、「セックスを通じて男子を支配したい」という感情が男子に較べて、少々弱い。エッチに関しては、女の子は、基本受け身だし、どの種をもらっても、自分が産んだ子は、間違いなく自分の分身だから、そんなに神経を尖らせないくてもいいからです。ここが男と女の「ジェラシー」の違い。女の子が、自分の相手に求めるのは、自分が子供を育てる環境を整えてもらえるかどうかということ。つまり、「男は女のために生き、女は子供のために生きる」ということですね。人間は、そのように作られている。

それから、女の子の方が「嫉妬」の感情が弱い背景には、女の子の共感志向がありますね。つまり、「あの子のほうがあたしより可愛くて、男子にもてる」とは思っても、それよりも「共感志向」が打ち勝っちゃうようなこと。だから、嫉妬しながらも、仲よしで一緒にいる、というようなこと。超可愛い子とあんまりいけてない子が、仲よしでいつも一緒。なんてことが女の子には見られるけど、男子じゃあ、まずない。かたっぽが、超カッコよくて、女の子にモテモテで、かたっぽがブサで、全然モテない男子の親友。なんてまずないでしょ。モテメンはモテメンで集まるし、いけてないのはいけてないので集まる。それだけ、男子は、ジェラシーが強くて、女の子は複雑である、ということが言えるのかな。

では次回、ちょっと面白いハーフのイケメン君の話。取り上げてみましょう。
なぜ、男子は、モテ、非モテに分かれてしまうのか、そこにヒントがありますよ。(ヒロN)


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

5 Responses to “ジェラシーの研究−−男のやきもちは遺伝子のせい?”

  1. しゃい
    3月 23rd, 2011 @ 8:14 AM

    遺伝子と遺伝の意味が混同しています。
    それとこの話は生物学的 根拠がないことも記載しておいた方がいいと思います。
    あくまでも性からみた傾向であり、実際に女性でも男性、男性でも女性的な思考の持ち主もいます。
    さらに動物の世界では雄よりも雌の方が優位に立つ場合が多いです。
    雌が雄を選ぶからであり、決して子供が出来たら自分の分身みたいな受け身体質ではありません。
    人間でも同じではないでしょうか?
    一般的には女性は男性よりも結婚に対して真剣に考えています。
    理由はご存知だと思うので割愛いたしますが、これは十分女性も能動的だといえませんか。
    そもそも女性だから共感思考があるということ事態すこし言い過ぎだと思います。
    この傾向は性よりも文化の方により大きい影響を受けていると思います。
    理由は長くなるので割愛しますが、もし性から受けるとおっしゃいますのなら明確な根拠が欲しいです。
    余談ですが世界ではどこも男性と女性の社会的立場は似たようなものですが、とある島だと全く反対の所があります。
    このような所ですと結果も変わってくるのではないでしょうか?

    このサイトに来ている時点で周りに共感を求めていると思いますけどね(笑)

    以上失礼いたしましたヽ(´▽`)/

  2. ヒロN
    3月 23rd, 2011 @ 11:38 AM

    ああ、なるほどね。
    遺伝子と遺伝の違い。
    性本来の性質と文化の違い。
    言われてみれば、そうかもしれませんね。
    大変参考になるご意見、ありがとうございました。

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力