「ウザすぎて結婚しそう」、周囲の励ましにウンザリなアラサー女

投稿日 | 3月 27, 2011 | 7 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

突然ですが、非モテ系三十路独女たる筆者、32歳頃から急速に面倒くさくなったことがあります。

それは何かといえば、日常会話のついでに脈絡なくちょいちょい繰り出される「大丈夫、心配しなくてもちゃんと結婚できるよ!」という生温かい励ましです。

ちなみに筆者は昔から結婚願望がまるでありません。これってどれくらい面倒臭い状況か、伝わるものなんでしょうか?

■たとえてみるなら妄想ラブレター事件

思い起こせば、その面倒臭さは23歳の時にもらった謎のラブレターに似ています。ある日突然、仕事以外では何のつながりもない職場の人からこんな手紙をもらいました。

「君は俺の事を好きなのになぜ言ってこないんだい。いつでも待ってるよ。ウェルカム、ハニー」

「全然好きじゃないし!むしろ離れてて欲しいんだけどっ!」とでも言おうものなら「なぜ素直にならないんだい」的な方向に発展していくパターンであることは明らかでした。どの勘違いから手をつけたら、巻き込まれずにいられるのか分からなくて頭を抱えたものです。

こちらの意志は完全に無視されてるのに、相手は好意だと信じ込んで無邪気に色々押し付けてくる、という点ではこの「妄想ラブレター」と「結婚プレッシャー」は大体同じジャンルの面倒臭さなのです。しかし、結婚の話にはさらに隠れた面倒臭さ増量ポイントまであります。

そう、それはうかつにも積み上げてしまった年齢です。

■三十路になるだけで充分面倒臭いのに

言ってしまえば、23歳独身女子といえば恋愛市場では比較的強者。「面倒臭いです!」と言えばほとんどの人は言葉どおりの意味を信じてくれるので、安心して思ったことが言えたものでした。

一方、三十路独身女子といえば本人の意識なんて関係なしに立派に恋愛弱者階層です。「面倒臭い、ほっといて!」なんて言えば「僕には君の辛い気持ちが分かるよ、大丈夫」という更なる温かいまなざしで見つめ返されるきっかけを作りかねないのです。もう本当に面倒臭い。

■「面倒臭い」に終わりなし?

先日、同じ歳の既婚男性に「結婚結婚言われる面倒臭さに負けてうっかり結婚してしまったらどうするんだ!」と愚痴ってみました。彼は仙人のごとき穏やかな表情でこのように答えてくれたのです。

「そしたら今度は、子供子供、って言われるようになるんだよ」

そうか、生きてる限り手を代え品を代えずっと面倒臭いのですよね、それなら納得です。(夏目)


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力