「日本男児の恋愛は楽しくない」、甘い言葉を欲しがる女の気持ち

投稿日 | 4月 3, 2011 | 1 Comment

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

―ネット上にある、匿名での、赤裸々な恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』。

今回の告白者は、「恋愛観の違い」について打ち明けています。

日本と海外との恋愛観の違いを感じ、戸惑ったそうです。

一体どういうことなのでしょうか。

筆者が知り合ったのは、情熱の国スペインから訪れた告白者でした。ここからは告白の概要、告白者のプロフィールを踏まえて、具体的な告白内容を御紹介いたします。

■告白の概要

スペインから日本に留学してきた女性が、日本人男性と交際を始めたものの、恋愛観の違いに悩んでいます。

■告白者のプロフィール

性別 女性
年齢 20代前半
職業 学生
備考 スペインからの留学生

■告白の具体的な内容

大学で知り合った少し年上の日本人男性と交際を始めたものの、彼が彼女の誕生日に何もしてくれなかったり、デートでディナーに行くのも居酒屋が多かったり、とロマンチックな演出がまったくないことに驚きました。

告白者は最初、もしかすると女性との交際歴がないのではないかと考え、今までの彼氏がしてくれたことをさり気なく示し、恋愛の醍醐味ともいえるロマンチックな演出を要求しました。

「16歳の誕生日に、抱えきれないほどのバラの花束をくれた」

「家に来てセレナーデを歌ってくれた」

アメリカ人やスペイン人の女性たちは、思春期からロマンチックなデートは当たり前。「可愛い」「美しい」「愛している」とケーキのように甘い言葉を差し出されて育ってきました。

しかし、日本人にはそんな習慣はありません。

「そんなに今までの彼氏がいいなら、スペイン人と付き合えばいいだろ!」

彼女は自分の希望をさり気なく伝えたつもりが、彼氏を怒らせ、別れを切り出されてしまいました。

告白者は筆者に涙ながらに語ってくれました。

「日本人はみんなこんな恋愛しかしないの? 全然面白くないじゃない。ロマンチックなことを望んじゃいけないの?」

確かに、ロマンチックな演出にあこがれない女性は、日本人でもいません。ましてや愛を歌った歌、セレナーデを歌うことや、愛を表現するフラメンコが今でも日常に残っているスペインで生まれ育ったなら、彼女にとっては」普通のことなのですから、ワガママでもなんでもないのです。

「気持ちは示さなければ伝わらない、伝わっていると言うのは男性の勝手な思い込みだ。愛されているかが不安だからしてほしいの」というのが彼女の素直な気持ちです。

■ライターの意見

昨今では日本人でもずいぶんとロマンチストな男性が増えましたが、海外に比べるとまだまだなのかもしれません。

しかし、「愛されているかが不安だ」と思うのは、世界各国どこの国でも女性が抱く想いです。やはり恋人には決め細やかな愛情を示してほしいと望んでいますし、時には甘い言葉を囁いてほしいとも思っています。

日本の女性だって、それは変わりません。

ですから、男性はたまには彼女にロマンチックなサプライズ演出をしてみてはどうでしょう?

愛情を再確認した彼女とより深い付き合いができるかもしれません。

皆様はどのようにお感じになりますか?(松田英雄)


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力