『ラブプラス』漫画、寧々さんビッチ騒動の新しさ

投稿日 | 5月 22, 2010 | 1 Comment

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

6月24日に続編『ラブプラス+』の発売を控えている、昨年大ヒットしたニンテンドーDS専用恋愛シミュレーションゲーム、『ラブプラス』。このたび講談社の五つの雑誌で、本作のマンガ版の連載が始まりました。そのうち『月刊ヤングマガジン』連載の『ラブプラス~Nene Days~』の内容が波紋を呼んでいます。

マンガのヒロインである姉ヶ崎寧々のキャラクターが、ファンのイメージを壊しているというのです。

◆  「寧々さんはそんなこと言わない」

問題になったのは『月刊ヤングマガジン』2010年6月号掲載分。ゲームではおしとやかなはずの寧々さんが彼氏に対し自らキスをしたりするなど、恋愛に積極的な態度を見せていることが騒動の発端となっています。

オタク業界ではこの手の批判には前例があります。かつて、マンガ『かんなぎ』のヒロイン・ナギが過去に彼氏がいたらしいという描写があったせいで、作者と出版社の元に苦情が殺到したことがあります。オタクの中でもヒロインに純潔を求める「処女厨」が引き起こした騒動だといえます。

◆原因は『ラブプラス』独特のゲームシステムとマンガの不一致?

しかし今回の『ラブプラス』騒動は、他の「処女厨」問題とは少し趣が違っています。原因は、原作であるDS版『ラブプラス』が、ゲームクリア後もカノジョとの日々が延々と続くのを売りにしていることだと考えられます。

「どうやって攻略(告白して落とす)するか」が物語の核となる従来の恋愛シミュレーションゲームに比べ、ゴールの無い『ラブプラス』は中毒性、日常性、没入感が段違いなのです。また、その分各ユーザーのキャラクターへの思い入れも深く、またその形も人によってそれぞれ違うものとなるのでしょう。今回はそれらの要因に加え、メーカーが「公式」とするマンガの中でキャラクターイメージを壊すようなことをしてしまったことが、ファンの怒りを買ってしまったようです。

かつて、アイドルが保っていた幻想は、ゲームのキャラクターに受け継がれているのでしょう。「アイドルはウンコしない」という幻想には変化はありません。それを取り巻く状況が変わっているだけだと言えます。幻想を投影できるアイドルがいなくなり、それをゲームが肩代わりしているだけのことなのかもしれません。

(小山内)

(画像は以下のサイトのスクリーンショットです)
「超ビックタイトル×講談社5誌」スペシャル企画サイト|TOP|講談社コミックプラス

(参考リンク)
「『ラブプラス』美少女キャラ汚された」 漫画雑誌ストーリーにネット騒然 (1/2) : J-CASTニュース
「超ビックタイトル×講談社5誌」スペシャル企画サイト|TOP|講談社コミックプラス
LLR ラブプラス漫画化ワロタwwwwwwwwwwwwwwww

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

One Response to “『ラブプラス』漫画、寧々さんビッチ騒動の新しさ”

  1. オタク騎手、ツイッターで「寧々ビッチ騒動」鎮める | 非モテタイムズ
    5月 27th, 2010 @ 10:01 AM

    [...] さらには先日の「寧々さんビッチ騒動」について、「寧々さんは処女だった!」と高らかに宣言したようです。 [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力