アプリで学べ!異性をグッとさせる電話テクニック5つ

投稿日 | 4月 23, 2011 | 2 Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

「妄想電話」というiPhone用アプリケーションがあるのをご存知でしょうか。

自分の性別を設定すれば異性からグッとくる妄想電話がかかってくる、という娯楽アプリケーションで、筆者の周辺では男女ともにかなり人気があります。

このアプリケーションを教材に恋愛における電話についてあれこれと考えてみました。

■好きな人へ電話するコツについて考えた

誰がどうやって考えているのだろう、というくらいグッとくる電話がかかってくる「妄想電話」のトークのコツを解析してみましょう。

男性・女性の設定は切り替えられるので男心・女心を学ぶために男女両方の設定でそれぞれ細かく分析してみました。

■女性→男性 グッとくる電話のポイント

女性の声は幼い感じで舌足らず、喜怒哀楽が大げさなのが特徴です。

同性として聴いてると感情表現がオーバーすぎて「わざとらしい」の領域だし、「女同士のときは絶対そんな声出してないよ」っていうのが丸分かりの幼いしゃべり方なのが笑えるのですが、男性の妄想領域では大げさでちょうど良いのでしょうね。

話の内容は「連れてって欲しい」「会いたい」など軽いおねだりが中心。恥ずかしくなるほどベタな感じです。

感情表現は「クドめ」くらいで大丈夫

「軽い甘え」が肝心

■男性→女性 グッとくる電話のポイント

男性の電話は打って変わって抑揚は抑え気味で低い声で淡々としゃべる感じですが、話の内容に程よく抑えた強引さが混じってるのがポイントと思われます。あとはよく整理されてる感じで手短に要点が分かりやすくなってます。

用件が伝わりやすくて程よく強引

淡々としたさりげない声

■電話をかけることに力みすぎないのが肝心

最後のポイントは男女ともに言えることなのですが、用事があるようなないような、微妙なタイミングで電話がかかってきて、それほどダラダラと続くわけではなく、ある程度のところで切り上げる、というのは、そもそも結構グッとくる、ということがわかります。

一大決心をして電話をかけて長く話す一回よりも、用事とまではいえない用事でちょこちょこかけてはさっと切る小まめさ、の方が恋愛向きといえそうです。

力まず掛けてさっと切る

かくいう筆者も電話が苦手で、ついついメールで済ませてしまうのですが、電話というのは「生の声を耳元で聞く」という、よく考えるとかなりセクシーなツールですから、恋の小道具として使わないのは惜しいものかもしれません。(夏目)


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力