有事の世界を全力で生き続ける人たち「砂ぼうず」書評

投稿日 | 4月 23, 2011 | 1 Comment

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

みなさんこんにちは。今回も非モテ男子である私が、おすすめの本を紹介させていただきたいと思います。

今回紹介させていただくのは、うすね正俊・作「砂ぼうず」という漫画です。過去にアニメ化もされ、名前だけでも知っている方が多いのではないでしょうか。この作品、有事に生きている皆様にこそ、是非読んでいただきたいです。舞台は大破壊後、壊滅した文明と砂漠化した関東。そこで生き続ける人たちの一人、砂ぼうずという異名を持つ少年が、「便利屋」という職業人として砂漠を駆け巡っていく話です。作者は銃器に造詣が深く、この漫画も基本的にガンアクションとして進行していきます。

この砂ぼうず、滅茶苦茶強いうえに、頭がキレます。おんぼろショットガン一本で戦闘を勝ち抜いていきます。厳しい時代を生き抜く主人公として優れた存在感を持っているわけです。

ですが、砂ぼうずはモテません。人一倍煩悩が強く、女と金には目がないのですが、常に女で失敗をするウィークポイントを持っています。立派な非モテ系です。

その強い煩悩のせいもあるのですが、この砂ぼうず、全く好かれません。ほとんどの人に嫌な奴と言われ、命を狙われることも多々あります。それも砂ぼうず自身が傲慢で、他人にトラウマを植え付けることも平気でする、それどころか他人をゴミのように扱う、読者から見ても相当悪い奴だからです。

乱れた世界においては、高利貸し、人身売買など、今でいう社会の闇が大手を振って歩いています。砂ぼうずも当然、手を染めていて、ますます悪の主人公というキャラが固まっていきます。特に砂ぼうずは話が進むにつれて不細工になり、目がどんどんやばくなっていくので、その変貌を楽しむのも楽しみの一つです。

しかし多くの読者は、砂ぼうずのことを心から嫌いにはならないのではないでしょうか。そもそも登場キャラの大部分は、多かれ少なかれ悪に手を染めているのです。そしてその世界観が砂ぼうずの行動を肯定しているのだと私は考えます。むしろ良かれ悪しかれ、物事を冷静に、そして強く立ち向かっていく砂ぼうずに魅力を感じるかもわかりません。

この漫画には、倫理観が崩壊し、無政府状態で、生きる保証のない、そういった場所で権謀術数を繰り広げ全力で生き続ける人たちが描かれています。そこに、我々を今支配している人生観は果たして絶対のものなのだろうか? という問いかけがあるのです。そして今それは崩壊しかけている。

いずれ我々も、多かれ少なかれ生き方を変えねばならない日が来るかもしれません。何事にも永遠はない、そういったこともこの作品からは学べるのだと思います。

現在、一巻から十四巻までビームコミックスから刊行されています。連載は止まっていますが、既に出ている作品だけでも読む価値はあります。どうぞこれを機会に御一読ください。(永野かたる)


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力