「好きな芸能人は?」コンプレックス男をオトす唯一の解答

投稿日 | 4月 27, 2011 | 1 Comment

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

筆者は職業柄日々色々な男性と会話をします。30代、40代の非モテのシニアグループと話す機会も多いのですが、先日四十路後半独身男性との間に実際にあった印象深い会話の一端をご紹介しましょう。

■「好みのタイプは…」への非モテ的模範解答とは?

近頃は女性と話す機会すらあまりないけど、それも楽でいい、と公言している40代後半の非モテ氏がこんなことを言いました。

非モテ氏「男に好きな芸能人とか聞かれたら答え気をつけた方がいいよ。」

筆者「どうして?」

非モテ氏「イケメンの名前言われると、やっぱ面食いなんだ、と思ってへこむから」

「大学生向けの合コンマニュアルかっ!」といいたくなりますが、実際は不惑を過ぎた男一匹の発言です。器の小ささが愛すべき非モテキャラと言えると思います。

かく言う筆者自身も高齢女性非モテ組(33歳)の一員として、こういった自信のなさにはつい共感を覚えます。そこで7割の本音と3割のサービス精神を持って、こう言ってみました。

「私は伊集院光さんとみうらじゅんさんがタイプです」

すると非モテ氏は「おお、いいねぇ」ととても喜んでくれたのです。

喜んでもらったところで、筆者とこの非モテ氏の間に何かが起こるわけでは決してないのですが、おそらくは「男は顔や若さではない、に清き一票!」という解釈になるのでしょう。情けないながらに心和む非モテトークの一幕でした。

■新しい非モテユートピアを目指して

巷では男女とも、高齢の非モテは着実に増えているように感じます。

「もう一人に慣れちゃったから、このままが楽でいいんだ」と表向きは言いながら、孤独感やコンプレックス、将来への不安などを隠し持ってる非モテのメンタリティって、筆者はちょっといいなぁと思っています。あわよくば傷をなめあうことによって何か新しい世界観が生まれたらいいな、という希望さえも持っています。

劣等感って共感できるもの同士でさらけ出しあって慰めあって、ということをどんどんやっていけば、その劣等感自体が、あって当たり前のものになって、みんなで少し伸び伸び暮らせるようになるものかもしれません。

ということで、広く非モテを愛する女性の皆さん、容姿にコンプレックスがある非モテ男性に好みのタイプを言うときは「伊集院光さんとみうらじゅんさん」で、いかがでしょうか?(夏目)


あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力