中国のお見合い番組で「拝金主義」が問題に

投稿日 | 6月 15, 2010 | コメントは受け付けていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

「拝金主義」

あなたはこの言葉に聞き馴染みがあるでしょうか。つまり「お金持ちの冴えない男と、貧乏なイケメンとだったらどう考えてもお金持ちの冴えない男の方がいい!」ということですが。

中国でこの拝金主義に待ったがかかったとのことです。

◆拝金女はレッドカード

今回、話題になっているのは中国で人気のお見合い番組。この番組に大して当局による規制が強化され、一部の出演者が締め出しを食らったと言うものです。

兎にも角にもGoogleで「中国 お見合い番組」で調べてみると、どうやら中国国内では10年つづく長寿番組のようです。最近になってその番組の、場外乱闘アリ、罵り合いアリの過激さが低俗であるとして問題になってきており、中国で有名な辛口で知られる司会者が拝金主義を公然と口にするタレントを痛烈に批判し、そのことが90%の支持を集めたということでした。

さて我が国を振り返ってみると、本音か建前か、日本でも最近では年収はそれほど求めない「生活最低限のお金があればいい」という傾向もあるようです。生活最低限っていくらか分かんないんですけど…。不景気な昨今、そういう時代になっているということなのでしょうか?

◆拝金主義を規制すれば心が豊かになるか?

筆者はお金がいつも無いので、「あるに越したことは無い」と思ってしまいます。欲しいものや食べたいもの、やりたいこと行きたい所、先立つものが無いと出来ないこともあるわけで。割り勘すらできないなんてことも…

ただ言えるのは、「お金は後からついてくる」もので「前」にあるものでは決してないということです。パソコンでYoutubeを見るか、大金払ってビデオやDVDを買いまくるか、千の星で彼女を口説くか、千の金貨で彼女を落とすか。その程度の違いに政府が諸手で規制しては逆効果な気がします。

そうそう、昔友達のアメリカ人がこんなことを言っていました。

「職業も年収も付き合うのには必要ないよ、必要なのは何の車に乗ってるか、どんな家に住んでいるかだよ!」

んー深いような浅いような…。

(サイトウ)

(参考リンク)
中国政府「内容が低俗」と批判のお見合い番組の規制強化 出演者同士が罵り合ったり、拝金主義を公言したり
お見合い番組「相約星期六」in凌智の上海JG日記
拝金女を痛烈批判のお見合い番組司会者、90%の支持を獲得-中国(Record China)- livedoor ニュース

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

Comments are closed.

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力