被差別者は復讐すべきか

投稿日 | 7月 14, 2010 | 1 Comment

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

少し古い話題になるが、アメリカで初の黒人大統領が生まれた。

言わずもがな、第44代大統領バラク・オバマ氏である。筆者は当時アメリカに住んで4年ほど経っていたが選挙に全く興味が無くどういう情勢で勝利したのか全く記憶にない。

しかし、僕の周りは白人ばかりだったのでこんな声をよく聞いた。

「だって黒人だぜ。」

僕の周りだけだったであろうが、それでもショックを受けたのを覚えている。しかし、オバマ大統領が当選した瞬間、連中は手のひらを返したように支持し始めたものだ。まだ終わってはいないだろうが、はっきりとした形で、「白人による黒人差別の終わり」の始まりを見ることが出来たのである。

日本の差別はどういった状況だろうか。

◆日本における女性差別

一方そういった人種差別がアメリカほど盛んではない我が国日本。この国の差別の一つといえば、「女性差別」があげられる。

雇用、セクハラ、性犯罪被害。調べれば単純な強盗や空き巣被害も女性の方が多いかもしれない。女性への社会的な差別はまだ終わりが見えない。

今では女性が強くなったとは言え、それでも雇用は完全に改善されたわけではなく、「何%雇わなければいけない」などという縛りがなければいけないような状況であるし、力の弱い女性を狙う犯罪は後を絶たない。確かにこれらは差別であり改善されるべきだ。

そんな状況であるにも関わらず、昨今こんな言葉が出てきた。「男性差別」である。

◆「男性差別」を叫ぶ男性に怒る田島陽子氏

なんとこの男性差別とは、「女性が優遇されていることを逆差別だ」と男性が主張することなのである。筆者は男であるが、なんとも情けない話だ。

雇用面での優遇や女性専用サービスなどが槍玉に上がっているが、この男性差別に対してあの田嶋陽子先生が怒りのコメントを出しているというスレッドが2chで話題になっている。

男性差別など男なら考えるな!喝を入れてもらえ!などと思いつつそのコメントを読んでみたのだが…あれ?これはちょっと違うな、と思い始めてしまった。

全文は下の参考リンクを読んでいただきたい。筆者がいくつか気になった解答は以下のものである。

インタビュアーによる、「女性が雇用に関して優遇を受けているのだがそれに関してはどうか」という質問に対し

優秀な女性たちが、企業や国の男社会に冷遇されてきた歴史のほうが長い。男女バランスが適正になるまではクオータ制を適用し、女に法的なゲタをはかせることも必要。そうすれば、早く男女平等が実現します。

女性専用サービスや割引に対する不満に関して

女性専用車両ができる原因をつくったのは男じゃないですか。四の五の言う前に、
同じ男として痴漢撲滅に取り組むべきですよ。「レディースデー」なども、女性の収入の
少なさを逆手に取られたもの。本来なら憐れむべき事態なのに、逆に文句を言うとは実に残酷な発想。集団レイプと同じですよ。男気がない、恥を知りなさい!

女性が結婚する相手に対しての理想が高く男性は辟易しているということに関して

強迫観念的に結婚を目指すこと自体が、そもそも古いんですよ。価値観の古い男に、
それ相応の女が来ているだけのこと。お互いさまですよ。

これではただの被害者意識ではないだろうか。

女性の力が不当に扱われていることの改善が、社会的な差別を無くす方法であるはずなのに、田嶋陽子さんが言っているのは、

「女性は今まで被害者だったのだから優遇されて当たり前」

ということだ。

冒頭のアメリカの例で例えるなら、オバマ氏が、

「今まで黒人は差別を受けてきたのだから黒人を優遇するようにする」

と言っているようなものである。こんな復讐のようなことをしていても意味は無いと思うのだが、女性の皆様はこの解答に同意されるのだろうか?

だとしたら筆者も結局、女性差別に加担した一人ということになるのかもしれない。

(サイトウ)

(参考リンク)
「男差別」に田嶋陽子が反論!男性差別論者は恥を知りなさい!

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

One Response to “被差別者は復讐すべきか”

  1. にしき
    8月 3rd, 2010 @ 3:42 AM

    所々イラッときますが全文読むと復讐論には見えまえんでしたねぇ。
    これはごく一般的な男性向けではなく「男性差別とか言ってる男性」に対しての強めの毒を効かせたコメントなので、心の狭い男に同調しておこられた気分を満喫しなくても良いんじゃないでしょうか。

    =物も言いようで角が立つ=
    田島さん…つねに角の立った全く残念な人です。

    雇用の優遇に関しても、みみっちいことを言う人にあわせてみみっちい答え方したんでしょう(苦笑)

    レディースデイに関しても…収入が少ない女性にできるだけお金を出させるために考えた工夫に、収入が少なくなってしまった一部の男性がひがむような発言をするのはやはり…情けないですね。
    同じ弱者の女性をたたくのではなく、男性の平均年収をぐっとアップさせている一部の方々に怒りの目を向けて欲しいものです。
    というか、メンズデーもありますけど、文句言う人に限って利用しないんでしょうね…。

    「女性が結婚する相手に対しての理想が高く男性は辟易している」というのは…引用が違いますね。
    結婚にあせる「婚活男」が高い条件をつけてくる「婚活女」に辟易としてるという話。それでお互い様じゃねぇか…と。
    一般的な女性の多くは顔も収入も平均値を好みますから…。

    しかし…50〜40歳くらいの「女の自立を叫ぶ女」に30〜20代の女性は気づかぬうちに疲れている気がします。
    女性が自立しはじめた結果、男性に頼られることが多くなってますから。

    実際のところ現状の男女格差是正の取組みがある程度浸透すれば、それ以上の完全なる男女平等は男性女性ともに疲れさせるだけかもしれません。

    今の女性は「しっかりする」よりも「支え合う」ことを求めてる人が多いように感じます。

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力