「人とは違う我が子の名前」に執着する親達

投稿日 | 7月 15, 2010 | 1 Comment

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録
 

「流星(おりおん)」、「珠愛(じゅえる)」、「雪麗来(しぇれら)」、「颯月(ふわり)」

子供の名付けには流行り廃りがありますが、まず一発で読めない名前や、子供が成長した時の事を全く考えていない煌びやかな名前を付ける親が近年特に増加しているようです。

これらは「DQN(ドキュン)ネーム」と呼ばれています。

「こんなに可愛いうちの子なんだから、他は違う凝った名前を付けたい!」という親のこだわりが突出して具現化したものです。

DQNネームとは異なりますが、某掲示板でこんな相談がありました。

有る親が、女の子が生まれたら付けようと思っていた名前を周囲に公言していた。平凡な名前だけどこだわりがあった。けれど、先に女児を出産した友人にその名前を取られてしまった。指摘しても笑ってはぐらかすだけ。縁を切りたいほどショックを受けている……というものです。名付けに対する思い入れが招いたトラブルの一例です。

「ありふれた名前なら被ってもおかしくない」、「あなたが言いふらしていたから、友人も考えていた名前を言い出しにくかったのでは?」、「自分に女の子が生まれるかも分からないのに、周囲に牽制するなんて……」、「最近の親は、名前が被るのを気にしすぎ」

彼女の元に寄せられたのは、このような批判的な意見が大多数です。確かに、子供の名前が被らないか?を強く気にする親は多いように思えます。

DQNネームも元をただせば「うちの子は他と違う」意識から生まれたものです。その理由は、名前のサンプルがあまりにも膨大すぎるところにあるように思えます。生まれた頃から自宅にテレビが当たり前にあった世代が親になった頃から、女児に「〇子」という名前が激減し始めたと言われています。芸能人やアニメキャラの名前を抵抗無く受け入れ、名付けに反映させていったのでしょう。

そして今はネット上で、無数のサンプルが見られる状態。身近で被ってしまうのは、まさに必死になって手に入れた海外ブランド物の限定バッグと全く同じものを、近所のおばさんが持っているのを見てしまったようなものでしょう。

とはいえ、例え名前が被ってしまっても、子に対する愛情はまぎれもなく親自身のもので、代えは存在しません。 そのたった一つしかない愛情が名付けの段階で完結してしまう親までこれ以上増えない事を、児童虐待、育児放棄のニュースを見るたびに願ってやみません。

(荒井)

(参考リンク)
DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)
日本の女性名はなぜ流行りすたりが激しいか?

荒井 彩(あらい・さやか)
東京近郊在住のフリーライター。少女向けアニメと特撮、それにまつわるオモチャを愛好する。

ブログ「あるみかん」

あなたにオススメの記事!


はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

ブログパーツ
Powerd by AZlink

コメント

One Response to “「人とは違う我が子の名前」に執着する親達”

  1. 女は未練がましい? 元カレの名を息子につける女たち | 非モテタイムズ
    7月 29th, 2010 @ 7:03 AM

    [...] 非モテタイムス:「人とは違う我が子の名前」に執着する親達 近藤 [...]

  • Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力