• Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力
  • 99パーセントの「好き」では確信が持てないワケ

    Posted on | 4月 26, 2011 | 1 Comment

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    映画化もされて最近話題の「君に届け」という漫画を読んでみました。学校で恋愛する、というのはこういうものか、とずいぶん懐かしい感じがしたのですが、懐かしさの要素は「学校」ばかりでもないような気もします。

    今回は懐かしさついでに、ちょっと恋愛の始まり方の形について振り返ってみたいと思います。
    Read more

    有事の世界を全力で生き続ける人たち「砂ぼうず」書評

    Posted on | 4月 23, 2011 | 1 Comment

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    みなさんこんにちは。今回も非モテ男子である私が、おすすめの本を紹介させていただきたいと思います。

    今回紹介させていただくのは、うすね正俊・作「砂ぼうず」という漫画です。過去にアニメ化もされ、名前だけでも知っている方が多いのではないでしょうか。この作品、有事に生きている皆様にこそ、是非読んでいただきたいです。 Read more

    【書評】異色ラノベとベストセラーで新年度をポジティブに!

    Posted on | 4月 9, 2011 | コメントは受け付けていません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    新年度が始まり幾ばくか日が経ちましたが、新しい生活に対し、なかなかポジティブになれない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時は一つ、沈んだ心に文学的な刺激を加えてみては如何でしょう。

    今回は非モテ男子の私が、新年度をポジティブに生きるため、かたやライトノベル、かたやハードボイルド歴史小説と、全く気色の違う二冊の本を紹介させていただきます。 Read more

    いじめ・虐待への洞察をユーモアで包む、漫画『電波オデッセイ』

    Posted on | 4月 2, 2011 | 2 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    皆さんこんにちは。今回も非モテ男子の私がお勧めの本を紹介させて頂きます。

    今回紹介させていただくのは、永野のりこ作「電波オデッセイ」という前世紀末にコミックビームで連載されていた漫画です。

    引きこもり少女である主人公の前に、突如白衣のメガネ男「オデッセイ」という幻覚が現れ、彼の言葉に励まされた主人公が学校に復帰するところから話は始まります。 Read more

    いじめは「モテ」と「社会性」を奪う。「野ブタ」に学ぶ処世術

    Posted on | 3月 11, 2011 | 2 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    こんにちは。今回は非モテ男子の私がオススメの本を紹介させて頂きます。
    今回紹介させていただくのは、過去にドラマ化もされた白岩玄・作『野ブタをプロデュース』です。
    この作品、いじめが大きなポイントになっています。なので今回はいじめについても語らせていただきます。 Read more

    江川達也デビュー2作目「まじかる☆タルるートくん」より書きたかったテーマとは?

    Posted on | 3月 10, 2011 | 2 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―本誌ライターの小山内さんによる、コラム「オタク学」。「オタク的な分野×社会学」というテーマのコラムです。―

    江川達也さんといえば、『BE FREE!』『まじかる☆タルるートくん』『東京大学物語』などで知られる漫画家だ。タレントとしてのTVへの登場機会も多く、とりわけ近年はそちらの方が本業の様に見えるほどだ。

    江川さんは日本海軍の秋山真之(司馬遼太郎の『坂の上の雲』の主人公でもある)を主人公に、日本の近現代史を壮大なスケールで描いた『日露戦争物語』を『ビッグコミックスピリッツ』に連載していたが、日露戦争(1904年)どころか日清戦争(1894年)の途中までを描いたところで、打ち切られてしまったことで話題を呼んだ。 Read more

    『るろうに剣心』PSPで発売!原作のみ登場キャラCV付き参戦!

    Posted on | 3月 9, 2011 | 9 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―本誌ライターの小山内さんによる、コラム「オタク学」。「オタク的な分野×社会学」というテーマのコラムです。―

    1990年代に『週刊少年ジャンプ』で連載され、今も根強い人気を持つ漫画、『るろうに剣心』。TVアニメ放送開始から15周年を記念して、本作の2D格闘ゲームがPSPで19日、発売される。 Read more

    名作『メタルギアソリッド2』よくわからないタイミングで小説版発売

    Posted on | 3月 7, 2011 | 3 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―本誌ライターの小山内さんによる、コラム「オタク学」。「オタク的な分野×社会学」というテーマのコラムです。第47回です。―

    世界中で大人気の潜入ゲーム、『メタルギアソリッド』(以下『MGS』)シリーズの一つ、『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』の小説版(翻訳・文庫版)が先日発売された。

    著者であるレイモンド・ベンソンさんの手による前作『メタルギアソリッド』のノベライズも日本では2008年に刊行されているが、今回の『MGS2』にしろ、前回の『MGS』にしろ、「リメイク版が発売されるわけでもないのに、なぜこのタイミングで?」という疑問が湧いてくる。 Read more

    『ONE PIECE』名言集発売!押さえるべきネタ迷言とは?

    Posted on | 3月 4, 2011 | 1 Comment

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―本誌ライターの小山内さんによる、コラム「オタク学」。「オタク的な分野×社会学」というテーマのコラムです。第45回です。―

    説明不要の国民的人気漫画、『ONE PIECE』(以下『OP』作中から名台詞を抜粋して収録した、『STRONG WORDS』(上下巻)が発売されることになった。

    タイトルは作者の尾田栄一郎さん自身が製作総指揮を務め、大ヒットした映画『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』から来ていると思われるが、「強い言葉」、これほど『OP』の本質を突いている表現もないだろう。

    どんな「強い言葉」があっただろうか。「ONE PIECE」の他「ガンダム」「ジョジョの奇妙な冒険」から引用してみよう。 Read more

    大人も笑っちゃう!ちょいワル絵本「かいけつゾロリのようかい大リーグ」キャラ名一挙紹介!

    Posted on | 2月 25, 2011 | コメントは受け付けていません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    こんにちは、非モテタイムズライターの荒井です。童心にかえれる(かもしれない)コラム「キッズ頭脳!」第7回は「彼は『イチロー』? いいえ、『いちろう』です。子供に愛されるチョイワルヒーローとは」です。

    数年前「チョイワル」や「小悪魔」といった言葉がブームになりました。

    本物のワルや悪魔では大問題ですが、ここに「チョイ」や「小」という言葉がつくことで、どこか憎めない、親しみのある存在へと変化します。

    創作物語の中では、このようなワルっぽさを感じさせる人物を、ダークヒーローやアンチヒーローと呼ぶことがあります。さじ加減は難しいですが、上手く描写すれば幅広い層から支持を得る人気キャラへと成長させることができます。

    子供の目線から見ても「チョイワル」なキャラは大人気です。その代表的なのが「アンパンマン」シリーズのばいきんまんやドキンちゃん、そして「かいけつゾロリ」シリーズのゾロリではないでしょうか。 Read more