• Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力
  • 70年間ずっと!ある老夫婦の「いつまでも変わらぬ」バレンタインデー

    Posted on | 2月 14, 2011 | 7 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    非モテにとってはかなりきついイベントであるバレンタインデー。

    しかし、イングランドのとあるカップルが、このイベントをとても理想的でほほえましいものに変えてしまっています。

    一体どのようなものなのでしょうか。 Read more

    ガセ情報だった!再びドラゴンボール実写版映画化の噂、紀里谷氏は誤情報とツイート

    Posted on | 2月 14, 2011 | 3 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    鳥山明先生の『ドラゴンボール』シリーズといえば、いまや地球規模の知名度と売上を誇る少年漫画の名作です。

    その人気から、2009年には実写版で映画化されましたが、ファンの間からはあまりにも原作の設定を無視した「ハリウッド的」映画化が行われているとの落胆の声が相次いであがりました。

    ところが、このような背景にも関わらず、もう一度映画化の予定が組まれているという噂があるようです。

    一体どのようなものなのでしょうか。 Read more

    「いじめていたブサイク相手に、今は風俗嬢としてサービスしてるなんて!」−−地元就職した地味女子が激白!

    Posted on | 2月 14, 2011 | 3 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―ネット上にある、匿名での、赤裸々な恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』。

    学生を終え、自分が生まれ育った地元で就職をすると、ずっと生まれ育った町で暮らす可能性が高くなりますが、今回の告白者は「田舎に残ったこと」について打ち明けています。

    一体どういうことなのでしょうか。 Read more

    性体験多い女とつきあうメリットは、セックス以外にもある!

    Posted on | 2月 14, 2011 | 4 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―「メイド喫茶元オーナー・ヒロN『脱・非モテ講座』」は、メイド喫茶元オーナー・ヒロN氏が、メイド服を脱いだ素顔の女の子と接して得たノウハウを非モテタイムズで教えるコラム。第103回です―

    では、今回の質問。

    「ヒロNさん、この前、『純情な女の子は狙い目か』で、ヒロNさんは、非モテは、遊んでいるスレた女の子とつきあいなさい!とか言ってましたけど、僕は、そんなスレた女とは付き合いたくないのです。スレた女は大嫌いです。だから、なんとかスレた女は回避して、非モテを脱出する方法を教えてください」

    僕も、スレた女の子は、あまり好きではありません。 Read more

    「息子はホモ、精神病院に入れろ」奇妙な脅迫状、同人作家の母に送られる

    Posted on | 2月 13, 2011 | 1 Comment

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    非モテタイムズでは、「ツイッター上で話題になった面白画像ニュース」をお伝えしています。今回お伝えするのは、「脅迫状」にまつわる話題です。

    先日、ツイッターに脅迫めいた手紙の画像が出回っていた(TOP画像がそれ。内容は末尾記載)。同性愛をテーマにした同人作家Aさんに対する誹謗中傷だ。

    この手紙は、Aさんにではなく、Aさんの母あてに封書で送られてきたという。なにも知らないAさんの母は、開封し、手紙の中味を読むことになった。

    しかし、何も起きなかった。なぜなのか。 Read more

    非モテ的書評『「離活」時代~離婚屋が見た、夫と別れたい妻たち~』

    Posted on | 2月 13, 2011 | コメントは受け付けていません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    *画像はあくまでイメージです。

    結婚前の予備的な活動として、あるいはよりよい出会いを求める努力としての「婚活」が一定の地位を得た言葉となってしばらく経ちます。

    その一方で、離婚するための同じような活動が「離活」と呼ばれるようになっていることも皆さんはご存知でしょうか。

    この「離活」、一体どのようなものなのでしょうか。 Read more

    『「痴漢=電車」じゃなかったのか!』−−チカンを捕まえた男が激白!

    Posted on | 2月 13, 2011 | 1 Comment

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―ネット上にある、匿名での、赤裸々な恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』。

    今回の告白者は、「客同士のもめごとかと思って男を捕まえたら痴漢だった」ことを打ち明けています。

    アルバイト先で休憩が終わった頃、一人の男が突然2階からかなりの勢いで下りてきました。それに続いて女性の「捕まえて!」という声が聞こえてきたと言います。

    一体どういうことなのでしょうか。

    Read more

    アヒル口は不快!男には滑稽すぎる女の努力、一挙紹介!

    Posted on | 2月 13, 2011 | 3 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ほとんどの女性の皆さんは「イイ女」になるべく、日々それなりに美の追求をしていることでしょう。

    でもそれって本当に男性が求めている美しさかどうか、考えたことはあるでしょうか? 考えるまでもないとお思いでしょうか?

    男性が理解出来ない、女性の努力、について、ネット上で話題になっていました。 Read more

    『逃げられない!「男に媚びてる」と蔑まれ……』−−偉い人の相手をさせられる女が激白!

    Posted on | 2月 13, 2011 | 2 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    *画像はあくまでイメージです。

    ―ネット上にある、匿名での、赤裸々な恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』。

    今回の告白者は、「会社の飲み会でえらい人の隣でにこにこしながら考えていたこと」について打ち明けています。

    会社の飲み会は、社会人であれば避けられないことの。告白者は「時々むしょうにすべてが憎たらしくなる」と言います。

    一体どういうことなのでしょうか。

    Read more

    「W村上」が作品を通して社会に問う事とは!−−テン年代の今、あえて振り返る90年代

    Posted on | 2月 13, 2011 | 2 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―本誌ライターの小山内さんによる、コラム「オタク学」。「オタク的な分野×社会学」というテーマのコラム。第26回です。―

    2000年から2009年までの10年間は「ゼロ年代」と呼ばれている。2010年からの10年間の名称については、今のところゴロが悪いが「テン年代」が最も使われているだろうか。

    2ちゃんねるまとめブログ『VIPPERな俺』(関連サイト参照)では、1980~83年生まれの人たちが、自らの「青春」だった90年代の文化を懐かしんでいるスレッドが紹介されている。確かに、後の時代の立場から90年代を眺めても、本当に様々な変化が起き、80年代バブルの熱狂とは違う「閉塞感」が訪れ始めた時代だったと言える。

    そんな90年代に、小説界に現れた新しいスターが、村上龍氏と村上春樹氏のW村上だ。彼らは、何を書き何を社会に問いかけたのか。 Read more