• Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

  • 非モテタイムズ閉鎖のご連絡

    非モテタイムズは2011年4月末をもって閉鎖致しました。
    今後更新の予定はございませんが読者の方からのご要望をいただき、過去記事に関しましてはアーカイブとして残しておく予定です。
    非モテタイムズを応援していただいた皆様にはサイトを閉鎖することについて深くお詫びするとともに、短い間ですが、応援して頂いたことに御礼申上げます。




    「引きこもり」「パラサイトシングル」「非婚」――原因は本人にあるのか

    投稿日 | 3月 11, 2010 | コメントは受け付けていません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    昨年、イギリス「タイムズ」紙や、ドイツ・フランス共同テレビ局「Arte」の特集によって、「非モテ(himote)」という言葉と概念がヨーロッパに紹介されたが、2月11日付イタリア「コリエレ・デラ・セラ(Corriere della Sera)」紙の社会面では、「急増する引きこもり(hikikomori)」という内容の特集が組まれたという。

    紙面では、「引きこもりが100万人」を超えるとされる日本の事例と比較しつつ、「hikikomori」が、ここ数年で急増した理由について推論している。それによると、学校で友人との関係をうまく築けないことが、若者が引きこもる主な原因であると分析。幼少時から同世代の子供たちと触れあえる環境を与えることが大切、という論調でまとめられているそうだ。 Read more

    「IQが高い男性は浮気をしない」という研究結果に非モテ憤然?

    投稿日 | 3月 11, 2010 | 3 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    イギリスの研究機関ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)のサトシ・カナザワ博士は、アメリカの13歳から19歳までの青少年を対象に行われた調査をもとに、IQや宗教観・政治思想の関連を調べ、「知性や宗教心、浮気心の強弱はすべて知能の進化に関係している」という研究結果を発表した。『Social Psychology Quarterly』誌の2010年3月号に掲載されている。 Read more

    今こそ、男性は、「女性におごる」スキルを磨くべき!?

    投稿日 | 3月 10, 2010 | コメントは受け付けていません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ボトルかつては、「男性は女性におごるのが当然」という風潮がありましたが、最近では「ワリカン」を好む女性も増えているようです。しかし、いまだに「おごる」という行為が男性らしさを表しているのも事実です。

    女性の社会進出がどんどん進んでいる状況では、打ち合わせなどで女性とお茶や食事をする機会はどんどん増えています。デートだけではなくビジネスシーンにおいても、会計の度に「おごる」のか「ワリカン」かの決断を男性は迫られているといってもいいでしょう。以前にもまして「おごる」行為に男性ならではのスマートさが求められていると言えるかもしれません。 Read more

    「女性の居場所は家庭」――国際的調査で日本の若者に見られた傾向とは

    投稿日 | 3月 9, 2010 | コメントは受け付けていません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    国連が1975年に制定した毎年3月8日の「国際女性の日」を前に、通信社ロイターと調査会社イプソスが共同で実施した国際的な調査(24,000人の成人を対象とし、23カ国で実施)によると、「女性の居場所は家庭だと思うか」という質問に対し、日本人の48%が「そう思う」と回答していたことが判明した。これは世界で3番目に高い水準だった。 Read more

    デート2軒目、女性から割り勘で誘うと成功率アップ!?

    投稿日 | 3月 9, 2010 | 2 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    カクテルいつの時代も、モテたい男性にとって、「おごる」行為は、意中の女性からの好感度を上げる手段であり、またチャンスでもあります。ただ、不況が続き、多くの人にとって懐がうるおっているとはいえない時代なので、女性に対して際限なくおごるわけにはいかないという事情もありそうです。

    男性は、決して多くはない限られた金額を、誰におごろうかを見定めている時代だともいえます。逆に、女性側は、意中の相手からおごられる際には、その金額や、おごってくれる男性の態度から、心理を読む必要がありそうです。

    先日、「『おごっても良い』と感じる金額ランキング」(コブズオンライン)が発表されました。大変興味深い内容になっています。

    男性は、どの金額までおごっても良いと考えているのでしょうか。 Read more

    【ルポ】自称「非モテ」男子が急増中!?そのわけとは!

    投稿日 | 3月 8, 2010 | コメントは受け付けていません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    「非モテ」という言葉を御存知だろうか。長い間、「非」+「モテ」=「モテない人たち」、つまり「恋人がいない歴=年齢」の人たちだとされてきた。が、「非モテ」という言葉が広まるにつれて、「非モテ」に該当する人たちが変化しつつあるのだ。

    筆者は、ことあるごとに、「『非モテ』っていう言葉はどう思いますか」と聞いてみることにしている。昨年の今頃は、質問しただけで会話がストップすることがあったが、最近状況は変わってきている。 Read more

    リア充女子の「付き合う相手の許せる元カノ人数」とは?

    投稿日 | 3月 8, 2010 | 3 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    モテないというカテゴリーにいる人、いわゆる『非モテ』からすれば、まったく別世界の話のようにも思えるだろうが、何人もの相手と交際してきた人たち、いわゆる『リア充』がいることは事実だ。その世界では、「元カレ」「元カノ」などという言葉を当たり前のように使い、「現(いま)カレ」「現(いま)カノ」がいることも珍しくない。『モテ格差』は確実に広がっている。

    そんな『モテ格差』に関するショッキングなランキングが、先日発表された。「付き合う相手の許せる元カノ人数」アンケート(ランキングサイト「gooランキング」集計期間:2010年1月22日~23日)だ。それには、女の子の許容できる元カノの人数が、ランキング形式で発表されていた。順位の上から、1位「5人」、2位「3人」、3位はなんと「何人でも許せる」となっている。以下、4位「2人」、5位「10人」、6位「4人」、7位「6人」8位「1人」と続いていく。ここまで読んで勘のいい人はお気づきだろうが、8位までの時点で、『付き合った人数0人』は、まだランキングに登場していないのだ。『非モテ』は『モテ格差』のどのあたりにいるのだろうか。 Read more