• Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力
  • 自覚してますか?弱気がウザがられてる理由

    Posted on | 4月 28, 2011 | 1 Comment

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    「ある日モテ期がやってきた」という映画があります。

    冴えない非モテ男が、ある日突然誰もが振り向くほどの美女に言い寄られる…という単純なストーリーのコメディです。タイトルはちょっと変ですが、コメディとしても面白いですし、非モテ研究としても見ごたえのあるものです。

    主人公のカークが、超モテ系美女モリーと付き合ううちに、モテない理由がだんだん明らかになっていくのです。
    Read more

    意外な事実!人生を充実させるあの意外な一言とは?

    Posted on | 4月 12, 2011 | 1 Comment

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    『イエスマン “YES”は人生のパスワード』という映画をご存知でしょうか。

    非モテネガティブ男がイエスと言い続ける決心をしたことでモテ体質を手に入れるという分かりやすいサクセスストーリーです。

    しかし、サクセスストーリーとしての鑑賞はモテ組の皆様にお任せするとして、ここではちょっとずらして非モテ目線から鑑賞してみたいと思います。注目したいのは、映画中に脇役として出てくる、イエスセミナーをうまく利用しているちょっと面白いキャラクターです。

    Read more

    胸熱すぎる!元NASAエンジニア自伝小説「ロケットボーイズ」!映画版のセリフも秀逸!

    Posted on | 2月 24, 2011 | 2 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    こんにちは。今回は非モテ男子である私が、非モテ男子にお勧めの小説を紹介させていただきたいと思います。

    元NASAエンジニアによる自伝小説「ロケットボーイズ」(ホーマー ヒッカム・ジュニア 著、 武者圭子翻訳)は、六十年代アメリカの炭坑町を舞台にした、その名の通りロケットを飛ばす少年たちの物語です。

    ロケットを飛ばすことは、今も昔も夢のある話です。

    ただ、彼らは、六十年代アメリカでは、非モテ系だったのです。

    そして、胸が熱くなるようなチャレンジをしたのです。 Read more

    熱すぎる告白ズラリ!英文学史上、最もロマンティックな告白ベスト10

    Posted on | 2月 15, 2011 | 3 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    文学には一家言お持ちのお国柄な、英国。

    そんな英国の人々が、ヴァレンタイン・デーに向けて、英文学で最もロマンティックな文章を選ぼうと投票を行ったようです。カナダの情報サイト、カナダドットコムからのニュースです。

    一体どのような結果になったのでしょうか。 Read more

    童貞キャラでカリスマになった銀杏BOYZ、新作アルバムは!?――「オタク学!」vol.16

    Posted on | 2月 4, 2011 | コメントは受け付けていません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―本誌ライターの小山内さんによる、コラム「オタク学」。「オタク的な分野×社会学」というテーマのコラムです。

    ―「童貞」というと、とかくマイナスなイメージをもたれがちだが、かつて『童貞ソー・ヤング』という名前のシングルでオリコン三位を獲得したことのあるバンドがある。

    バンド名は「GOING STEADY」。ボーカルのミネタカズノブを中心とした四人組のパンクバンドで、ゼロ年代初頭の「日本語パンク」「青春パンク」ブームの元祖にして頂点とも言える存在だった。

    「GOING STEADY」(以下ゴイステ)は一旦電撃的に解散し、現在は「銀杏BOYZ」(以下銀杏)として音楽活動を続けている。 Read more

    福井晴敏が語った小説界の未来とは?―― 『ガンダムUC』ep3は配信からBD/DVD発売まで一ヶ月――「オタク学!」vol.13

    Posted on | 1月 30, 2011 | 4 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―本誌ライターの小山内さんによる、コラム「オタク学」。「オタク的な分野×社会学」というテーマのコラムです。―

    少し古い話題になるが、『亡国のイージス』『機動戦士ガンダムUC』などで知られる小説家・福井晴敏さんが、慶應義塾大学三田祭で講演を行った。同大学の推理小説同好会の主催によるものだ。

    原作を手がけた『UC』が大ヒットしているためか、老若男女多くの人が詰め掛けた。そこで福井さんは、自分が小説家になった経緯や、現代日本の小説界を覆う閉塞感、そしてそれを打破するための戦略としての『UC』について、熱く語った。 Read more

    『亡国のイージス』主人公は理想の上官 作家・福井晴敏が自衛官に好まれる理由――ライター小山内の「オタク学!」vol.7

    Posted on | 1月 24, 2011 | 3 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―本誌ライターの小山内さんによる、コラム「オタク学」。「オタク的な分野×社会学」というテーマのコラムです。―

    近年の日本の戦争映画でヒットしたものを挙げていくと、『亡国のイージス』、『戦国自衛隊1549』、『ローレライ』、『真夏のオリオン』…いずれも作家・福井晴敏さんの小説を原作(『真夏のオリオン』には脚色として参加)にした作品だ。

    ◆現役自衛官からの圧倒的支持! インサイダーの心情がわかるのは何故?

    防衛省の広報誌『MAMOR』の2010年10月号では、

    「自衛隊カルチャー大全」

    という特集を組み、現役自衛官に

    「自衛隊が出てくる漫画やアニメ、映画の中で好きなものは?」

    というアンケートを行った。 Read more

    TMR西川貴教が急性声帯炎から復活!――ファン投票アルバム第二弾は制作進行中?

    Posted on | 1月 12, 2011 | 8 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    非モテタイムズでは、「ツイッターで話題になった面白ニュース」をお伝えしています。

    今日お伝えするのは、「西川貴教さん」の話題です。

    『機動戦士ガンダムSEED』や『戦国BASARA』の主題歌などを歌ったことで知られる、ミュージシャンの西川貴教さんが急性声帯炎にかかり、一時は全く声が出ない状態だったという。

    「残念なお知らせです… 年末から年始まで、いろいろと立て込んでたんで喉を酷使し過ぎてしまいました… プロとして情けない… 暫くはおとなしくして治療に専念し、1日も早く復帰しますので、ご理解の程宜しくお願いします…」

    1月3日に本人がTwitterで明らかにしていた。病名を「急性声帯炎 左側声帯ポリープ」と明らかにしていたが、本日1月12日、復活を以下のように宣言している。 Read more

    『脱・非モテ会話術実践編3・映画デート編』――メイド喫茶元オーナー・ヒロN式『脱・非モテ講座』第69回

    Posted on | 1月 8, 2011 | 5 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―「メイド喫茶元オーナー・ヒロN『脱・非モテ講座』」は、メイド喫茶元オーナー・ヒロN氏が、メイド服を脱いだ素顔の女の子と接して得たノウハウを非モテタイムズで教えるコラムです。―

    さて、今日は、女の子との会話術「映画や演劇、コンサートなどでの会話は、どうしたらいいか」のコツをお話しましょう。

    映画は、割りと気軽に誘いやすいので、付き合い始めたばかりのカップルの定番ですが、実は、デートの機会としては、ちょっと都合が悪い面があります。 Read more

    グローバルかつガラパゴス!――日本のオタク系コンテンツが競争力を持っている理由を考える

    Posted on | 1月 4, 2011 | 1 Comment

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―非モテタイムズでは「東京都青少年健全育成条例改正案」について随時お伝えしています。―

    最近の都青少年健全育成条例改正問題について、経済学者の池田信夫さんが次のようにブログで書いている。

    「日本のオタク系コンテンツが世界的な競争力をもっているのは、それが西洋的な啓蒙主義によって抑圧されている「子供的な想像力」を解放しているからだ。」

    要するに日本では「大人が子供に正しい価値観を教え込む」という発想が伝統的にないため、クリエイターは社会の価値観にとらわれず自由に創作できる、ということだ。これはブロガーとしての池田さんの仮説だが、考えてみるとなかなか面白い。 Read more