• Twitterで友達に教える

  • カワイイ携帯サイトを登録


    当サイトがお気に召しましたら、携帯サイトで通勤通学のお供にどうぞ!

    デザインも可愛いよ!

  • 非モテタイムズについて

    非モテタイムズは、ワンランク上の非モテを目指す、非モテ目線のニュースサイトです。

    ■運営:非モテSNSモテない人コミュニティ 非モテ+(非モテプラス)

  • 最新ニュース

  • オススメ商品

    Powerd by AZlink
  • 月別アーカイブ

  • 記事に関するタグ

    2ちゃんねる twitter はてな匿名ダイアリー アニメ イケメン インターネット エッチ オタク カップル キャラクター ゲーム コミュニケーション セックス ツイッター デート ニュース ネット ネット上 ファッション メイド喫茶 モテる リア充 仕事 可愛い 告白 女の子 女性 好き 彼女 彼氏 恋人 恋愛 映画 漫画 男子 男性 画像 異性 童貞 結婚 話題 趣味 非モテ 非モテタイムズ 魅力
  • 濃厚な男づき合いをする彼氏に、彼女が一喝!「女子高生かよ!」

    Posted on | 3月 23, 2011 | 1 Comment

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―ネット上にある、匿名での、赤裸々な恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』。

    今回の告白者は、「彼氏の友達」について打ち明けています。

    彼氏が同性の友達と仲良くしており、いつも一緒にいることに腹が立つというのです。

    一体どういうことなのでしょうか。 Read more

    「リア充」という言葉、当のリア充の間でも常識語に! ――「オタク学!」vol.20

    Posted on | 2月 8, 2011 | 5 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―本誌ライターの小山内さんによる、コラム「オタク学」。「オタク的な分野×社会学」というテーマのコラムです。―

    「リア充」というネット用語は、非モテタイムズ読者なら聞き覚えがあるだろう。

    友人が多かったり、付き合っている異性がいたり、サークルや遊びに忙しかったりと、「リアル(現実)生活が充実している人」のことを指す言葉で、その対義語が「非リア充」だ。「リア充」という言葉は、元々リアル世界があまり楽しくない人たちや、非モテの人たちが彼らを妬んで使い始めた経緯がある。

    だが筆者はこの頃、当の「リア充」本人たちが「リア充」という言葉を日常で使い出していることに気づいた! 一体どういうことだろうか!

    Read more

    72万人調査で判明!恋人にする条件で譲れないモノとは?――ニューヨ-ク・タイムズ発

    Posted on | 2月 7, 2011 | 4 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    人が人を、異性として好きになる。なんと甘美で素敵なことでしょうか。

    あなたはどのような点で異性を好きになり、嫌いになるのでしょうか。

    海外の出会い系サイトが、この点についてちょっと変わった調査をしたようです。 Read more

    男はナゼ聞きベタ?海外の心理学的考察――「離婚の4つの予兆」「男性が聞く耳を持たない7つの理由」

    Posted on | 2月 4, 2011 | 4 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    アメリカの心理学者の考察によると、そして離婚には4つの理由があるという。

    そして、男が話を聞かない時には7つの理由があるという。

    一体どういうものだろうか。 Read more

    『妹のピンチは命がけで守る。けど恋愛は…。人並みの感情を持つ希望は諦めるべき?』――恋愛感情を持てない男性が激白!

    Posted on | 2月 1, 2011 | コメントは受け付けていません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―ネット上にある、匿名での、赤裸々な恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』。

    今回の告白者は、「恋愛感情が持てない」ことについて打ち明けています。

    告白者の男性は、人並みの恋愛がしたいと思いつつも、異性にも同性にも恋愛感情を抱くことができないそうです。

    一体どういうことなのでしょうか。 Read more

    激白!『年をとるにつれ、同じ非モテの友人に差をつけられていた!』~非オシャレ・スパイラルから脱するには?――「オタク学!」vol.12

    Posted on | 1月 29, 2011 | 4 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ―本誌ライターの小山内さんによる、コラム「オタク学」。「オタク的な分野×社会学」というテーマのコラムです。―

    本誌の元メイド喫茶オーナーによる「脱・非モテ講座」では、ファッションからコミュニケーションまで幅広く、「脱・非モテ」について論じている。悩みはいろいろ寄せられているが、なかでも「ファッション」の悩みは、多くの非モテ達にとって共通しているだろう。

    はてな匿名ダイアリーに、「オタクの友人が結婚して知った衝撃」というエントリが投稿されている。

    自分と同じ、オタクで非モテだと思っていた友人が結婚したとき、衝撃の事実が幾つも浮かび上がってきたというのだ。

    その事実は、以下のようなものだった。。 Read more

    『とにかく連絡が嫌いで友達がいない。ずっと1人だと思うと恐怖が襲ってくる』――大学院生の女が激白!

    Posted on | 1月 26, 2011 | コメントは受け付けていません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ※画像はイメージです。

    ―ネット上にある、匿名での、赤裸々な恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』。―

    今回の告白者は、「友達がいない」ことについて打ち明けています。

    女性の告白者は、大学院にすすみ、周囲には知人が多いはずですが、友達がどうしてもできないようで、1人でいることに耐えられないと言います。一体どうしてでしょうか。 Read more

    『日本では助ける人が少ない以上に、気持ちよく助けられる人が少ない』――助け合わない現代社会への嘆き

    Posted on | 1月 21, 2011 | コメントは受け付けていません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    ※画像はイメージです。

    ―ネット上にある、匿名での、赤裸々な恋愛の悩みや告白を紹介し、真剣に恋愛について考えるシリーズ企画『非モテ自身』。―

    ネット上の匿名の告白は、後ろめたい話や自慢話など、多くの場合、実社会では話しづらい内容です。時には読む人の心を代弁し、時には反面教師となることでしょう。今回の告白者は、「助け合い」について打ち明けています。

    断られることがわかってるから、助ける人が少なくなる、と嘆いています。一体どういうことなのでしょうか。 Read more

    この貼り紙を見よ!これこそが同性愛者差別だ!

    Posted on | 1月 20, 2011 | 6 Comments

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    非モテタイムズはこれまでも、「インターネット上で話題になった画像ニュース」をとりあげてきた。

    今回お伝えするのは「同性愛者」の話題だ。

    張り紙に書かれた何気ない一言が、同性愛者への差別につながっていると話題になっています。 Read more

    『どうすれば彼女が途切れないの?』26歳非モテ男子の悲痛な叫びへのアドバイスを紹介

    Posted on | 1月 17, 2011 | 1 Comment

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録

    皆さんは、恋がしたくても出来ないとき、またその恋が実を結ばないときの焦燥感を経験したことはあるだろうか。

    心は異性を求めているのに、そして努力に努力を重ねているのにも関わらず、なかなかその行動が実を結ばない。そして、焦りが焦りを呼ぶ悪循環に陥ることもあるだろう。

    一人の男性が2ちゃんねる上で心情を吐露し、それに対する意見が飛び交っていた。皆さんの参考になるかもしれません。 Read more